fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

<おろしあおふ>とキュイと「オリエンタル」

2011.12.14 (Wed)
来年の1月28日に、「れんしうかい」のお師匠様であるshigさん、yogotoyaさんたちのグループが主催するピアノサークルのイベントが、西東京市で催されます。
その名は「おろしあおふ」!
一言で言うと、「ロシアもの限定のピアノオフ会」です。
タワシも、相変わらずの身の程知らずで、これに参加する予定でいます。

ラフマニノフ、スクリャビン、バラキレフ、プロコフィエフらの難曲がずらりと並ぶ中、タワシは今回もまたマイペース~
「ロシア5人組」の中でもっとも地味な存在である、ツェーザリ(セザール)・キュイという作曲家の曲を弾こうと思っています。
キュイについては説明すると長くなりますので、興味のある人↓のWikipediaのページを見てくださいね。

ツェーザリ・キュイ 

本業は軍人さんで、作曲や評論などの音楽活動は「余技」だったようですね!つまりアマチュアってことです!
しかし、失明したあとも口述で作曲するなど、音楽に対する情熱は並々ならぬものがあったのでしょうね。

そのキュイさんの作品のなかで、ほとんど唯一の有名曲(?)といえるのが
「カレイドスコープ(万華鏡)」というヴァイオリンとピアノのための小品集の中の1曲「オリエンタル」です。
タワシは<おろしあおふ>で、この曲のピアノソロ用編曲を弾こうと思ってます。
(短いので、さらにもう1曲、キュイの曲を演奏するつもりでいますが、その曲についてはまた今度書きますね~)
ロシアもの縛りなのに、中近東のエキゾティックな香りがムンムンの、こんな曲を弾いて大丈夫なのかな?とも思いますが、
先日のれんしうかいでお師匠様たちに相談したらばっりちOKでした。
加した人は、「ビフォー版」がちょこっと聴けましたよね?
練習期間3,4日なのでまだまだ弾けるという域ではなくて、軍ポロに続くお耳汚しだったのでは?と思いますが(汗)

ところで初めてこの曲を聴いたとき 「あれ?どこかで聴いたことがあるような?」と思いました。
そしてやがてこの曲を聴くたび「あの曲にすごく似てるわ!これって偶然!?」と思うようになりました。
ある曲とは・・・
チャイコフスキーの「スラブ行進曲 作品31」です!



さらに調べると、スラブ行進曲も、オリエンタルも 同じく、「明るい太陽」というセルビア民謡を基にしているとのことが分かりました。
これじゃあ似ているのも当然だったわけですね。

それではキュイの「オリエンタル」お聴きくださいませ~♪


César Antonovich Cui, Op. 50 (Orientale)
 | HOME |