FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

01 | 2012 / 02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今日は祝日ですけど、タワシは出勤日でがっつり働いてきました! ふぅ、疲れた~
でもレッスンで学んだことを忘れないように、帰宅してすぐピアノに向かいました。
諦め早くて練習嫌いな悪い子族、というイメージが浸透しているようですが、それでも、やるときゃやるんです!!(きっぱり!)

昨日の記事にたくさんコメントいただき、感謝です。
レスが遅れて申し訳ありませんが、記憶が鮮明なうちにレポ第2弾を書きたいと思います。

皆さんそれぞれ、濃すぎるくらいに濃い、充実のレッスンを受けられ、気がつけば時間はもう夕方の4時。
いつもならSleepingさんちのディアパソンちゃんは4時以降は弾かないことにしているそうですが、この日はコタ君のお迎えの間弾いてもOKということになって、タワシは二巡目(第二希望)のメンデルスゾーン(無言歌 作品19の4)をさらっと見ていただきました。

この曲は16分音符の流れるようなパッセージが、コラール風の優しくて清らかな中間部を挟み込んでいる曲です。
特にコラールの部分は、教会で讃美歌を弾いているような感覚で自然に弾けるので、演奏していてもも心地いいのですが、
16分音符の部分はやはり上手く弾けません。
メロディがしっかり響かせられない、音の粒がそろわなくてバタバタ、など課題だらけです。
shig師匠のアドバイスは・・・
指を上げて、鍵盤から離れた場所から振り下ろすようにして弾く癖がついているのが問題、とのこと。これは以前にも何度か指摘されたことがあります。
少し手首を落として、鍵盤に触れそうなくらい低い位置に指を置き弾いてみたら・・・
なんと!音がぜんぜん違います。それに今までのフォームより、ずっと敏捷に確実に弾けるようになったんですよ!
これは驚きました。
そのほかには、フォルテ記号を見ると反射的に力で押そうとする悪い癖がちょっと出かけたので、そこを注意されたくらいかな。
タワシにしては奇跡的なんですが、shig師匠に 「うん、いいんじゃないっすか~?」といってもらえました!
れんしうかいでは初の(?)及第点いただけたのかしら?嬉しいです♪

そのあとは、この曲がお姉さん(ファニー・ヘンゼル)のものか弟(本人)のものか、で盛り上がりました。
メンデルスゾーン作曲として世に出された曲のうち、実はかなりの部分は、ファニーお姉さんの手によるものだとか。
当時は女性が社旗の表舞台に出ることが難しい風潮で、作曲もその例に漏れなかったからでしょうか。
いくつかの有名曲を例に挙げ、これは姉、これは弟。。。と分類していくshig師匠。
たとえば「真夏の夜の夢」などきょうだい合作の曲のようです。
タワシが弾いたこの曲はよくわからないんだけど、お姉さんが作った可能性はかなりあるみたいです。

れんしうかいではほかにも(雑談タイムなども含め)とても多くの、得るものがありました。
帰りの電車の中で夜毎屋さんがしてくださったアドバイスも、ずっと心に刻んでます。
そんなに無理せず到達できそうな目標曲(身の丈に合った曲、とでも言いますか)と平行して、じっくり時間をかけていつか弾けるようになることを夢に見る存在(曲)もあったほうがいい、ということです。
長期目標と短期目標の2本立てというわけですね。
短期目標はいくらでも見つかるだろうけど、諦めのよすぎるタワシは、長期目標を設定するのにあれこれ思案せずにはいられません。
それでももちろんありますよ、こんな曲が弾けたらどんなにか・・・、という妄想を誘う、憧れ曲たちが。
夜毎屋さんはタワシの憧れ曲をなんとか聞きだそうとしてましたが、タワシはなんとか持ちこたえて最後まで口を割りませんでした。
軍ポロ以上に身の程知らずなその曲の題名は、やっぱりあまりにも恥ずかしくて言えません。
ただ「がんばれば手が届きそうな曲」と、「雲の上の憧れ曲」との、ちょうど中間に当たるレベルや規模の曲にまずトライしてみようかなとは思ってます。
それだったらこのブログで皆さんにお話してもいいかな・・・いつか、そのうち。

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +