FC2ブログ





まじでいちばん難しいマズルカ!タワシ、大いに背伸びする 

練習中の曲(ブログの右端)をさきほど更新しました。
ショパンのマズルカが2曲追加になってます。
しばらく離れていた「マズルカの森」ですが、久々に戻ってきましたよ~。

そのうち、作品59の3は、ショパンのマズルカの中でも最高傑作という声も多い名曲です。
タワシにとってもずっと長い間憧れ曲のひとつでした。
でもマズルカの中でも演奏が特に難しい曲のひとつと聞いていたので、自分で弾くなんてことはほとんど考えの中になかったんです。
けれど最近、高い目標を掲げてそれに向かって邁進しているブログ仲間の皆さんの姿を、目の当たりにするうちに、
「背伸びは人を成長させるんだなあ」と、思うようになりました。
タワシは、自分の身の丈にあった曲を見つけてきて楽しむことにだけは、自信があります。テクニックは万年ソナチネレベルから上に上がりませんが、その範囲内でも、正統派のクラシックにこだわらなければ、無名の作曲家の曲,大作曲家の知られざる小品、ほかの楽器や歌モノからのアレンジ、そしてクラシック以外のジャンル・・・と、数限りなく可能性はあるんです。
でも、そういう楽しみ方も大いに結構なんだけど、やっぱり少しでも高いところを目指す「向上心」が、まったくなかったら、人は進歩しませんよね。
無謀だといわれても、笑われても、本気モードでがんばってみようかと思っています。

でもね~
shig師匠にも「(ショパンのマズルカの中で)まじでいちばん難しい曲だと思う」と言われたんですよ~涙
そして今日で練習3日目なんですけど、やっぱりやっぱり難しいです。
いつか弾ける日はやってくるのだろうか?


Arthur Rubinstein - Chopin Mazurka Op 59 No 3