FC2ブログ
2012'05.09.Wed

初めての初心者レッスンとバスティンの大人向け教本

昨日は二人の生徒さんにピアノのレッスンをしました。
牧師婦人のYさんと、先月から新しく教えることになったLさんです。

Lさんは、タワシにとってはじめての、まったく初心者の段階からの生徒さんです。
ほかの生徒さんはみんな、過去に一度はピアノを習った経歴のある人ばかり、中にはチェルニー40番終了したという人も(タワシなんかより、ピアノ自体ははよっぽど弾けるjじゃん!)
皆さんご承知のとおりタワシは独学で変な癖もつきまくっていますし、本当は基礎だけはちゃんとした先生についたほうがいいんじゃないかなと思いましたが、いろいろ事情もあってタワシがピアノの基礎と簡単なコードびきの両方を教えることになったのでした。

使っているテキストは、大人向けのバスティンの教本です。
kp1j.jpg

内容はこちらをご覧ください。
バスティン おとなのピアノ教本

この本、大人になってからまったく始めてピアノを始める人、とくに、クラシックだけでなくポピュラー系も弾きたいと思っている人にとってはなかなかいい教本だと思います。
驚くべきことに、五線譜もまだ登場しない第1課の段階で両手で和音を弾き、しかも「Cコード」というコードネームさえ勉強するようになっています。

120509_0919~02_Ed

バイエルやメトードローズとはなんという違いなんでしょう!
時代は変わった・・・
今はホントにピアノを学ぶにしてもいろんな選択肢がありますね~
ピアノを教えるトラックバック(0)  コメント(18)
 |TOP