FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ADMIN
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
捨てます、装飾音(?)~「アレグロ」で決断!
TB [0]   CM [4]   EDIT  2012/05/24/Thu 09:51
「バロックの花束」3日前です。
本当ならもうすっかり弾きこなせていて細部の仕上げをしているべき段階なのに、いまだに派手に音をはずしまくっているタワシです。

まあそれはそれとして(ある意味想定内だから?)
曲のテンポをどうしようか こんな時期になってまだ迷っていました。
特に、フィオッコの「アレグロ」についてなんですが。。。

タワシはずっとこれまでこれはヴァイオリンの曲だと思い込んでいて、頭の中にそのイメージしかなかったのです。
そして慣れ親しんでいたCDの演奏は、かなりのアップテンポで、よどみなく一気に弾き上げるものでした。
その後トン・コープマン氏がチェンバロで原曲を弾いている演奏をYOUTUBEで見つけ、その違いに唖然したのは、
過去記事 勉強不足でありました~「フィオッコのアレグロ」について  のとおりです。

で、弾いてみて、コープマン氏のように、少し遅めのテンポにして楽譜に山ほど指示がある装飾音をできるだけ忠実に再現するか、あるいは潔く装飾音をほとんど捨てて、ヴァイオリン用アレンジのように速いテンポでアレグロの爽快感を出すか、どちらかを選択するしかないと思いました。
どっちにしても、ぶきっちょなタワシには決して楽とはいえないものでしたが、
結局、基本的には後者の路線で行こうと決めました!
というわけで装飾音は、ごく一部を残してほとんど捨てます!!
なかなか収まらない装飾音を無理して押し込んで、曲の流れが止まってしまっては意味がないから・・・
お師匠様のひとり、Y女史からも、「装飾音なんて入れられるところに入れればいいんだから」といってもらい、だいぶ気が楽になりました。

とはいえあまり速いスピードで弾くと、タワシのとろいお指ちゃんではついていけません。
今は、↓この演奏のようなテンポと雰囲気で弾けたらいいな、と思っているんです。

Johanna Martzy - Joseph-Hector Fiocco, Allegro Op.20 [ 1955 ]

「アングレーズ」はアレグロよりは若干遅いテンポのほうがよさそう。
でないと 同じような曲が2曲並んでいる印象になってしまいます。
本当は、「アングレーズ」と「アレグロ」の間にスローテンポの曲(サラバンドなど)をはさむ3曲構成にしたかったのですが、バロックの遅い曲が苦手なのでパス(涙)
あ、もちろん速い曲も、かなり無理があるんですよ。特に、左手が難しかったらやる前からもう完全アウトです!

ではでは本番まで後3日、がんばりますよ~
ああ・・・仕事サボって練習していたい(ぼそっ)
T-TITLE : ピアノ
T-THEME : 音楽
CATEGORY : Classical music(ルネサンス~バロック)
今日の練習メニュー
<4月13日> ♪青の洞窟にて、デルヴィッシュ、ヒンドゥスターン・ナッチ(レビコフ) ♪プレリュード、おちびちゃんのメヌエット(ゴダール) ♪ポロネーズ ト短調(P.E.バッハ) ♪メヌエット イ短調(ラモー)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム