FC2ブログ





やっぱり怖いステージ!まだまだチキンなタワシです。 

お師匠様sが主催する音楽サークルは、年がら年中、なにかしら活動しているんじゃないか、と思われるほどアクティブなのですが、そのイベントの一つとして9月下旬に、所沢市のホールを使用してのコンサートが企画されてます。
埼玉に行くには、2度、「県境越え」をしなければならず、遠いなあ・・・というイメージだったのですが、調べてみたら行けないほど遠くもないですね。
「美味しい音楽!」というテーマだそうで、何が飛び出すか面白そうなので仕事の都合がつけば行ってみたいです。

と話したら、yogotoyaさんが、「せっかくだからタワシさんも弾き参加にすれば?「」と言ってくださったのですが~
無理無理無理!絶対無理!!
というのは会場が立派なホールだからです。

所沢市民文化センターMUSE (←CLICK!)
今回のコンサートは「キューブホール」という小ホールで行われるんですが、写真を見るとなんとも近代的でお洒落なホールじゃありませんか!

近代的であろうと昔ながらのスタイルであろうと、大きかろうと小さかろうと、タワシは「ステージと客席が区別されているところ」で弾くのはと~っても苦手です。
聴衆との距離が遠いと、荒野にぽつんと一人置き去りにされたようですごく孤独を感じるんです。
そして、ただでさえ感じている焦りや不安が一挙に増幅されて襲ってきます。
それに拍車をかけるのが、あのステージライト!
ああ。想像しただけで心拍数が上がってきましたよ。

同じ人前演奏でも、それに比べたら、聴衆と同じ高さのフロアにピアノがある会場で弾くのは、気分的にぜんぜん違います。断然、楽です。
(聴衆との距離が近いと緊張してダメ、というタイプの人もかなりいるようですが。確かに手元を見られたりするのは恥ずかしいですよね。タワシだって平気ではないですよ。フォームがおかしいのだって十分自覚しているんだし。でもお師匠様Sのミニレッスンを重ねて、手元ガン見されることにはだいぶ免疫がついてきました!)

ホールで、気持ちよく弾けたら、どんなにいいだろうな。
人生変わるかしら(笑)
現実には・・・まだまだチキンなタワシさんなのでした(涙)

8月11日の「メガプチおんそうず」はその点、まだ気楽に弾ける、と信じております。
でもそろそろ本気にならないと恥をかくだけですね。
スカルラッティのK380はミニレッスンの成果発表としてぜひ弾きたい曲ですが(その割にまだコケまくっています・滝汗)もう1曲くらいクラシックで何かやりたいなあ。
[ 2012/07/25 11:02 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(14)