FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

07 | 2012 / 08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





超人気ブロガーのアンダンテさんのブログを読んでいると、唐突に(?)タワシの名前が出てきてびっくりすることがあります。
つい先日も チェルニー不要論(←Click!) という、ピアノをやる人なら誰もが飛びつきそうな(笑)タイトルの記事に、タワシの名前が登場しました!

その一部をちょっと引用させてもらうと・・・

仮に「ばりばりと」弾けないままになったとしても、世の中、それ系でない曲はあまたあって一生かかっても弾ききれない。「ばりばりと」弾けないからといって別にピアノが下手とは限らない。たとえば、ばりばり系の曲をあまり弾かない(得意としていない?)アマチュアピアニストで、「グルーヴ感」に特長がある「私はタワシ」さん、あるいは「響き」に特長がある「かーたん^^」さん、勝手に引き合いに出して申し訳ないけど、いずれの方も、ばりばりした曲を弾かなくてもとっても魅力ある演奏をなさる方です(ファンです♪)

とのことです・・・。
タワシのファンという人がいること自体、ホントに信じられないんですよね~
「へ?タワシのファンだなんて何かの間違いじゃないですか?耳は確かですか?」
と思わず言いたくなります。
でもまあそれはさておき、アンダンテさんのブログにコメントしようと思ったんですが、長くなりそうだし、他の皆さんにもタワシのスタンス(ってほど立派なものじゃないですが)を知っていただきたいので、記事にしてみます。

<ばりばり系の曲をあまり弾かない(得意としていない?)アマチュアピアニスト>とありますが、疑問符をつけるまでもなく、タワシはバリバリ系の曲は苦手です。というより、頑張ってチャレンジしてみようと思うことさえまったくありません。
プロフィールにも書いていますけど、タワシは、子供のころ、ハノンとチェルニーがトラウマになって音楽教室をやめて以来、どうしてもあの手の機械的なエチュードには、恐怖の入り混じった激しい嫌悪感を抱いていて近づけません。それに加えて、生来の筋金入りのぶきっちょで、家庭科や美術の実技の点数も惨憺たるモノ、というハンディ(!)がありますから、指のメカニカルなテクニックという点では、謙遜抜きでソナチネレベルが関の山なんです。

もしもいわゆる「クラシックの王道」を進もうと思ったなら、自分の欠けたところにばかり目が行って、結局はピアノを弾くこと自体あきらめてしまったかもしれません(「王道」と、ばりばり系の曲はイコールではないですが、ばりばり系の曲もある程度弾ける技量がないと王道は歩めませんからね)
でも幸いにもタワシには、王道以外の道を知るチャンスがありました。

もちろん一番大きいのは、社会人になってから2年ほど習った、「ポピュラーピアノ」の存在です。
楽譜に書いてある音符をすべて正確に再現しなければならないクラシックとはまったく別の世界~自分で自由にアレンジして弾ける~を知り、クラシックで挫折した自分にもこれなら可能性があるかも?と、文字どおり希望の光を見出したのでした。
が、先生の個人的な事情で、これからどんどんポピュラーピアノの世界を極めるぞ~と思っていた矢先に教室が閉鎖!悲しく、さびしく、突然道しるべを見失ったように思えました。
それでも、ピアノから完全に離れずにいられたのは、教会の奏楽をさせていただくようになっていたおかげです。
とくに、一時期タワシに奏楽の手ほどきをしてくれていたのが、バークリー音楽院にジャズ留学した経験もあるという、牧師としては異色のキャラであるH先生だったというのは、何かの運命(クリスチャン的に言うなら「神の導き」)だったと思います。

もうひとつ。クラシックの王道以外の曲ということで言えば、タワシは、身の丈にあった「短く易しくシンプルな曲」をいろんなところから見つけてくることにはちょっと自信があります!
これには、あとで思うと伏線があって、それは子供のころによく聴いていた、オムニバスのピアノ小品集なんです。
LP8枚組みで111曲入ってました。しかもメインのリスナーの設定が、たぶん初級から中級のピアノ学習者だったと思われるので、いわゆるクラシックの王道の曲、つまり上級者用の本格的なレパートリーはほとんど入ってないのです。その代わり、かなり無名な作曲家の、サロン風の小品がいくつも入っていました。そしてタワシはそれらの曲が大好きでした。
それ以来、タワシは,クラシックの王道とは対照的に、音楽史の裏の裏の小道に、ひっそりと咲いた名もない花のような曲たちがあることを意識するようになりました。
数年前、独学でクラシックピアノをやり直そうと思い立って以来、本屋や楽器店で楽譜を立ち見したり、インターネットの無料楽譜サイトをあさったりして、昔親しんだそういう曲たちの楽譜と出会うのが、タワシの喜びになりました。

こういう経歴があるので、いわゆる王道曲(ばりばり系も含む)が弾けなくても、落ち込んだり寂しがったりする必要はまったくないタワシなのです。
人生も後半になり、暗譜ができないとか楽譜が見づらいとか、寄る年波をひしひしと感じるようになった今(永遠の20代、しっかりせ~よ~)音楽的につまらないチェルニーを嫌々やっている暇があったら、他にやりたいことが山ほどあります。
少なくともタワシの目指すピアノライフにおいては、チェルニーをあえて弾く必要は感じません。

なんやかや言いましたが、実際は単に練習嫌いのワガママなのかもしれません。「ハノン嫌だ~チェルニー嫌だ~もっと楽しい曲がやりたい!」と駄々をこねていたた子どもの日のまんまの。
でもアマチュアなんだからそれでもいいじゃないですか。
ばりばり系の曲が弾けなくても(魅力ある演奏ができてるかどうかはさておいて)、タワシは大いに楽しく充実したピアノライフを過ごしております♪

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +