FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

08 | 2012 / 09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今日の練習メニュー

<11月2日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「信頼」「岸辺にて」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪浜辺の歌(成田為三〜服部隆之編) ♪世界民謡全集・イタリア篇、イギリス篇より抜粋


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





直前に風邪を引き参加が危ぶまれましたが、どうしてもこの日は行きたかったタワシ、気力で、風邪を速攻で治しましたよ☆
かくして、Sleepingさの新居で行われた「れんしうかい」に、無事、参加してまいりました~

新Sleeping邸は参加した皆さんが口をそろえて賞賛していたとおり、とても居心地のいい素敵なおうちでした。防音ばっちりでありながら、リビングとつながったピアノ部屋は、皆さんの垂涎の的になっていましたね。
タワシが到着したときはアンダンテさんが指ならし中でした。それから続々と皆さんが到着、オショーズ(=お師匠様s)3人・デシーズ5人が揃い、ランチのあとデシーズによる前座タイムとなりました。
本当は、デシーズの演奏はお食事をしながらBGMで、というのが当初の計画だったと思いましたけど、お口を動かすのに忙しくて、結局デシーズも食事のあと、皆さんが耳をそばだてている中で演奏することになっちゃんたんです。
タワシが弾いたのは、月末のコンサートで弾く「ナポリターナメドレー」です。今の段階ではまずまずのできばえだったと思います。最後の「チリビリビン」を除いては・・・。「チリビリビン」はなんと自分がアレンジした部分だけがまったく弾けてないという事態になってしまいました(涙)が、演奏直後の夜毎屋さんの「ナポリターナ、いいよね」という言葉でほっとしました。

そしていよいよバッハのフランス組曲第2番から、目下練習中のアルマンドとエール(エア)のレッスンを受けます。(ドキドキ)どちらを先でもいいといわれたので、まだ幾分マシなほうの「エア」を先に・・・ということに。
どうしても緊張してしまい、ミスタッチも増えたし何度も弾きなおしましたが、まず指摘されたのはそんなことではなくて右手と左手のバランスでした。
左手と右手をそれぞれ別々に通して弾くように言われました。左手がとろいのはじゅうじゅう承知しているのでこのことを言われるのかなと思いきや、出てきたのはバランスの話だったんです。
右手がやけに元気がいいのに対し左手がおとなしい、と。ただし、Airは明らかに2声の音楽ですが、右手と左手が完全に対等というわけではなく、左手が伴奏に近い部分もあります。なぜ両手のウエイトに少々差があるかといえば、それは各声部で想定している楽器が違うからでは、というのが夜毎屋さんの説でshigさんもそれに同意していました。左手はヴィオラ・ダ・ガンバのような楽器、右手は旋律楽器(ヴァイオリンとかフルート)のイメージです。
それから、装飾音のことを言われました。装飾音が抜けたり転んだり押しても、あまりうるさく言わないオショーズですが(!?)今回初めてshigさんの口から「その装飾音の弾きかた、気持ち悪いので、やっぱり直そうよ」と言われてしまいました!
装飾音は先出ししてはダメ。(そういえばショパンのときに言われた記憶があります。ショパンはバッハを敬愛していたので装飾音の弾き方もバッハ時代の流儀なんですね)なのにタワシは、フライングして完全に、前打音になってしまってました。意識してそのように弾いたのではなく、装飾音苦手意識からくる気の焦りが、早く弾かなきゃ、とアクセルをかける結果になってしまっていたようです。装飾音のせいで、前の音符のが、本来の音価を保持出来ないのはまずいということです。
アタマまではオショーズのおっしゃることをとてもよく理解できましたが、それが身につくまではかなり練習が必要そうですね。
あと予想通り、運指のまずさも指摘されました。自分でも時々「我ながら変な指遣いしてるなあ」と思うことがあります。タワシは楽譜に書き込みをするのはあんまり好きじゃないのですが、必要な箇所には指番号を振ったほうがいいかもしれないです。

ではこの続きはまた後ほど・・・

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +