FC2ブログ





セヴラックのメヌエット、そして、ほとんど奇跡的な出会い・・・ 

ドビュッシーが「彼の音楽はとても素敵な香りがする」と高く評価した南フランスの作曲家、デオダ・ド・セヴラック(1872-1921)と、その作品は、最近着実にファンを増やしているようですね。
タワシも「休暇の日々から」の第1集から「ミミは侯爵夫人の扮装をする」という、かわいらしくも懐かしいメヌエットを弾いて、YOUTUBEにアップしたことがあるのです。
(これです→Déodat de Sévérac「En vacances I ~No 4, Mimi se déguise en Marquise」

8月末のある日、ネットサーフィンをしていて、最近開設されたばかりの、とあるブログで、この曲について書いてあることを知りました。
この曲が大好きなタワシ、夢中になってその記事を読みあさっていると、曲の紹介のためにそこに貼り付けてあったYOUTUBEが、どこかで見覚えがあるような気が。。。
そうなんです!なんとそれは、タワシの演奏だったのでした!!

オドロキの展開に、すぐにブログの主さんにコメントをしようと思ったんですけど、なんとなく話を切り出しにくいなあと思いつつ数日が過ぎたころ、タワシのブログに見知らぬHNの方からコメントがありました。
タワシさんの演奏は活気があって元気出ます☆
いつも演奏のアップを楽しみにしています♪←

お~~身に余る嬉しいお言葉!
そのURLをたどって行ったら・・・なんとなんと!例の、自分のYOUTUBEが貼り付けてあるブログに行き着いたんです!!

かくして「あのYOUTUBEの演奏は実は私が・・・」と自分の正体(笑)を明かし、お互いに、ほとんど奇跡のような出会いに驚嘆しつつ、何度かコメントをやり取りしました。
主さんは「空苑(そらぞの)」さんという若者(この言い方にタワシの年を感じますね)、
ブログ名は、「あたらし(o-ω-o)」というタイトルでした。
空苑さん<歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介>に燃えてらっしゃるとのこと、これはタワシのツボに
どストライクではありませんか!

今では空苑さんとタワシは相互リンクを貼っています。
ぜひ、空苑さんのところhttp://sorazun.blog.fc2.com/ を、訪問してあげてくださいません。
あたたかいコメントなどしてあげると、さらに喜ぶでしょう。

演奏も と~ってもお上手なのです。
つい最近レッスンを再開されたそうですが、それまで独学だったなんて信じられません!
空苑さんのバッハの演奏、貼り付けておきます。
ご本人の謙遜過ぎるコメントは誰も信じないでしょう。タワシのお友達はどうしてこう、自分の演奏に対して必要以上に謙虚な方が多いんでしょうかね。謎だ~!


J.S.バッハ : WTC I 第2番 フーガ ハ短調 BWV 847
[ 2012/10/02 06:55 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(6)