FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

 
09
 
最近「ピアノを教える」カテゴリの記事をほとんど書いていませんが、今も変わりなく教会の信徒さんに賛美歌のアレンジや、コード譜の弾き方などを教えております。
といっても最盛時(?)5人いた生徒さんたちは今は3人になりました。
辞めた2人は、一人は韓国に帰国、一人は結婚のためです。
2人ともかなり音楽の素養があり有望だったので残念ですが、辞めたのが「タワシのレッスンがつまらない」という理由ではないので、その点ではほっとしました~
郵便局の仕事もそれなりにハードだし、信仰(教会)生活と、趣味のピアノ生活とのバランスを考えたら、生徒さんは今くらいの人数でちょうど良いような気がします。

牧師夫人(韓国語では「サモ二」といいます)のYさんは、今は日曜学校で賛美歌の伴奏をしています。
前任の奏楽者が教会を去ってしまい、本人いわく「誰もいないので仕方なく」弾いている、ということですが。。。
どんな形であれ人前で弾くことは大いに有意義ですから、こうなってよかったなとタワシは思ってます。
相変わらず日本人以上に謙遜でつつましい性格のYさん、もう少し自分に自信が持てるとさらにいいのだけれど。でも多忙な中でも最善の努力をしているのが見ていてわかるので、教える側としてはうれしいですね。

中1の男の子・S君は、部活(ハンドボール部のGK)で毎日帰宅も遅いし、土日もしっかり練習があって、家ではピアノはまったくといっていいほど弾けないようです。
前回のレッスンから一度も練習していないということもしょっちゅうです;
タワシがS君のような状況だったら、たぶんレッスンは辞めるか一時休止するかのどちらかですね。
実際のところ、彼が何とかかんとかピアノを続けているのは、お母さんの希望が大きいんです。
でもいざレッスンがが始まれば、本人も時々笑顔を見せるなど、それなりにたのしくやっているようです。
今はこれでいいのかな。お母さんもいつもおっしゃいますが「ピアノにつながって」いてくれさえすれば。。。

中国で生まれ育った若い女性Lさんは、タワシがこれまでピアノを教えたことのある信徒さんの中で唯一、まったく鍵盤楽器の経験のない正真正銘の初心者で、レッスン開始当初なかなか思うように指が動かずかなり苦戦していましたが、2週間ほど前に、何かをつかんだようで、それまでに比べたら格段に弾けるようになりました!
本人いわく前に神様にお祈りした結果だとのこと。タワシもクリスチャンとして祈りの力は信じますが、こういう芸事に関しては、ほとんどの場合、背後に地道な努力があってこそ祈りが聞かれるので、彼女も相当練習したのでしょうね。家にある楽器といえば、タッチレスポンス機能もない安物のキーボードという状況で、本当にがんばっているなと思います。

こういう感じで三者三様ですが、タワシ自身も、教えることをけっこう楽しんでいます。
仕事のある日にレッスンがふたこまはいっていたりすると、やる前は、「かなりきついかな~」と思ったりするのですが、実際に始めると、ついつい時間のたつのを忘れていたりする自分がいます。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<8月4日> ♪「無言歌集」より岸辺にて、追憶、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪小ロンド(ニーマン) ♪メヌエット(滝廉太郎) ♪母の歌(橋本国彦)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Copyright © 私はタワシ / Designed by Paroday