FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
今週は、なんと月曜日から、早々とシューイチ録音をアップします!
このあとは、土曜日の「怪奇幻想おふ」に、極力専念したいという思惑がありまして・・・
前回と立て続けに騒音をまき散らしちゃってごめんなさいね。

今回の曲は、先日の「れんしうかい」でデシーズの前座タイムでタワシが弾いた曲です。
今年が生誕200年!フランスのピアニスト・作曲家、シャルル=ヴァランタン アルカン(1813~1888)のプレリュードト長調です。
プレリュードといえば ショパンがすべての長調と短調で1曲ずつ書いた「24の前奏曲」があまりにも有名ですが、アルカンの作品31もまた、「(すべての)長調と短調による25の前奏曲」です。なぜ1曲多いかというと、[ハ長調で始まりハ長調で終わる]という構成にしたため、最後にハ長調の1曲が追加されているのです。

今回の曲はその15番・ト長調です。
Dans le genre gothique という副題がついてます。
そそっかしいタワシはDansという単語を「ダンス」と勘違いして「ゴシック様式の舞曲」などととんでもない誤訳をしてしまいましたが、考えてみたらdansはフランス語の前置詞ですわ・・・いくらフランス語を履修したことがないとはいえ・・・ああ恥ずかしい~ 
たぶん「ゴシック様式で」という訳で大丈夫だと思います。
ガヴォットふうのスタイルで書かれた親しみやすく可愛らしい曲です。
タワシの持っている、アルカンのイメージは「超絶技巧」と「非社交的な隠遁者」というところですが、この曲はそのどちらとも正反対のような性格の小品ですね。

演奏は、今回もまたまた、突っ込みどころ満載でございます。
いくら彼の作品のなかではたぶん指折りの易しい曲といっても、なんとも雑な演奏ですね。
ミスタッチや指の転びガ多数、それをもう必死にごまかしています。
何よりもいただけないのは、無意味に加速しているところですね
メトロ練習をサボっているせいでしょうか。いや、きっと、気持ちの問題だと思います。
あせらずに、ゆったりとおおらかな気持ちで弾けばきっと大丈夫!・・・のはずですが~
フレージングや音色もまだまだ改善の余地ありすぎです。
でも、今、れんしうかいの余韻があるうちに録音しないと、おそらくずるずると時が流れ、アニバーサリーイヤーが終わってしまうでしょうから。

ではでは今回も、覚悟を決めてお聴きください。


[VOON] アルカン プレリュード ト長調 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2013/02/25 20:54】 | 今週の録音
トラックバック(0) |

No title
らべんだ~
可愛いらしい曲だけど、でも大人の曲ですね~。
アルカンってあまり馴染みがないけど(未だ、らべんだ~ちゃんのCDのアルカンは聴いてない・汗)難しいと言う印象はありますよね。

どこが覚悟なの~?
全然、いいとおもうけど~。
賛美歌とは全然違うんだろうけど、なんとなくタワシさんの賛美歌の良さを
思わせるというか、上手く言えないけど私は好きですよ。


No title
tukushi
確かにこれは・・・。
アルカン様にあるまじき爽やかさですね(笑)

ドビュッシーなども小曲集などをみていて、時々えっ?って思うようなものに出会うのですが、アルカン様も意外な一面をお持ちだったようですね。
ほんと、”いつか弾いてみたいわ”など、気の迷いでも思わなそうな曲ばかりだと思っていたのに意外です。

「怪奇幻想おふ」楽しそうですね。
どんな奇っ怪な雰囲気になるのやら・・・( ´▽`)
楽しんできてくださいませ♪
練習は・・・・。
がんばってください・・・・・・・・(;^_^A



No title
Sleeping
これをあのピアノで弾くとああなるのですね・・・うっとり。
といっても、どちらも違和感ないというかタワシさんて本当にどんなピアノでも弾きこなしちゃうんですよね~羨ましいったら。(←個人的な流行り言葉♪)

アラカンさんじゃなくてアルカンさんですね。アラ還暦が忘れられないわ~笑
dansは前置詞でしたか・・!フランス語は全く分からないので、信じておりましたよ。

それにしても、週一ならぬ週二になってるじゃないですか・・!?
タワシさんの焦りが伝わってきますよ。
雪が降ると困るので、ほどほどに練習してくださいよ~笑

↓の子守唄も、優しい雰囲気で素敵でした~♪


No title
空苑
ついにタワシさんのアルカンが聴けて嬉しいですヽ(T▿T)ノ
ていうか、連続での週一録音スゴイです!

可愛らしくもアルカンらしい茶目っ気(?)もよく聞こえてて
どことなくホッとできる演奏です☆
覚悟を決めなくても、良い演奏だと思いますケド(^ω^)

実は前奏曲集に関しては僕も勉強不足でして、
前置詞は僕も今頃気が付きました(滝汗)

ではでは。「怪奇幻想おふ」に向けて、応援しています♪

No title
ぶちもよう
主にアルカンは超絶技巧の曲がとても好きなんですが、アルカンのこのような曲の和音もまた美しくていいなと思います。
この曲に合う、しっかりした音で爽やかな演奏だと思いました。

No title
まんまるお月
明るくてさわやかな感じですね。春っぽいなと。
1度聴いただけで印象に残るメロディーでした。

この曲は知りませんでしたが、雑ということは全然なくて、楽譜に忠実に弾いてらっしゃるのかなあという印象です。
やっぱり素敵ですよ^^

デジピでの表現って本当に難しいですね。
私もpは苦手です。
やはり似て非なるもの、ということを痛感しています。
かといって生のピアノはどうしても無理だし。
私もまた発表会の前にはスタジオで練習しようと思っています。
去年も何度も通いました。春になったらバイクでスタジオ通い再開です。

No title
金魚
実は、アルカンって、最近知ったんです^^;
で、すっごく難しいのだと聞いていたのでタワシさんどんなすごい曲やってるんだろう?!(@_@)って思ったら、なんと…かわいらしい(*^_^*)

春っぽいな~(^^♪

他の曲って全然違うんですか?
もう少しアルカンの曲を弾いて欲しいんですけど。この曲がアルカンっぽくないのだとしたら、そのアルカンらしいやつをヨロシクお願いします。

No title
白チェブ
どうも、こんにちは。
アルカン、聴きましたよ~。
讃美歌っぽいのかしら~と思いながら聴いていると、
何度か転調しているのか?和音が半音とか1音?あがってくるような??
途中、ん??という展開があって、面白いですね。

アルカンは初めてですが、ステキでした。
和音の嵐に、最初は引き気味でしたが、何度か
聴くうちに、聴くのはステキ、となりました。

よくこの和音の嵐を弾きますよねえ、、。
どうやって覚えるのかしら。さくっと耳で覚えちゃうのかな??


らべんだ~さん>
私はタワシ
お仕事でとっても忙しそうな中、コメントありがと~♪

アルカンのイメージを覆すような、かわいらしい曲でしょう?大人っぽさも感じられましたか?
演奏はやっぱり付け焼き刃ですよ・・・
ミスタッチどうしてもなくならないし。

そういえばらべんだ~ちゃんの100枚組CDは、あれからどうなった?
なかなか100枚全部を聴くというのは難しいのかもしれないけど、時々は聴いてあげないと・・・あまり放置するともったいないわよ。

tukushiさん>
私はタワシ
「アルカン様にあるまじき爽やかさ」って・・・ウケました~
自分で弾くにせよ、他の人の演奏で聴くにせよ、作曲家のイメージを覆すような曲ってなかなか面白いですね。
アルカンの名前を聞いてたいていの人が期待するものとはかなり違うだろうけど、私は、こういう曲、好きです。
Op31の楽譜さっと目を通してみましたが、こういう路線の作品もいくつか入っているようでした。もちろん、激ムズだったりいかにも怪しげなのもありますけどね。

怪奇・幻想おふ、もう目前です。応援ありがとうございます。
どう考えても練習が足りないですが、当日は楽しんで弾けたらいいなと思います。
それにしてもすごくマニアックなプログラムですよね。噂によるとコスプレなども水面下で計画進行中とか??怖くなるのか笑えるのか・・・

コメントを閉じる▲