fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

「易しい曲を魅力的に弾く」には?
【2013/02/04 09:17】 雑記(@ピアノ)
「タワシさんはレパートリーも多いし曲を仕上げるのが早くてうらやましい」と時々言われます。
でもそれは何といっても、弾いている曲の難易度が低くてサイズ的にも小さいおかげであります。
(お友達のブログに遊びに行くと、タワシには一生がんばっても弾けなさそうな正統派クラシックのレパートリーがずらりと並び、「あ~、みんな私よりずっと上級者さんなだよなぁ~」と寂しくため息をつくことも、実はしばしばあるんですよ)

たま~に例外はありますが(この前無謀にも弾いたバッハの平均律のように)、タワシの弾いている曲は全音ピースの難易度で言ったらほとんど「A」か「B」なんじゃないでしょうか・・・。
たとえば今回のシューイチの「シェリート・リンド」などもあまりにシンプルなんで、楽譜にはない装飾音やグリッサンドを入れたりしたくらいです。
でもそんな易しい曲ばっかり弾いているのに、皆様からいただく声はいつもとってもあったかくて・・・感涙です。

これもひとえに皆様の心が広いおかげだと思っていますけど、
タワシなりに、易しい曲だからこそ、美しく、カッコよく、魅力的に弾きたいなという思いは持っているつもりです。
そのために無意識的に意識しているポイントが、いくつかあるので紹介しますね。
特別珍しいことではなくて、むしろ常識的なことなのですが。

1、自然で、音楽的な、フレージング。
「呼吸」ですね!
タワシは以前行っていた教会で、音楽の才能豊かな牧師先生からじきじきに、奏楽者としての訓練を受けましたが、そのとき最初に言われたことは、
「世界で最初の音楽は、神様の息(呼吸)だったんだよ。だから、どんなに早く回る指があっても、どんなにの気の利いたアレンジをする能力があっても、呼吸の感じられない音楽はむなしい」
ということでした。
それから折にふれて呼吸の大事さを強調されました。ミスタッチの何倍もうるさく「(そんな演奏じゃ)息ができないよ!」と注意されっぱなしでしたね。
今もときどき呼吸を忘れて演奏になりかけたりしますが、すぐに反省して、「音楽の原点」に立ち帰ろうとはしてます。

2、各部分(メロディー、ベース、その他の要素)のバランス。
初心者と熟練者の違いが一番はっきりわかるのがここだ、とタワシは個人的に思っています。
メロディーは、主役なのでそれにふさわしくクリアに浮かび上がらせる。
ベースはそれを支える根っこ(ルート)なのでそれについてはっきりと深くどっしり弾く。
その他の要素はハーモニー、内声、フィルイン(おかず)などがありますが、基本的にはメロディやベースより控えめに、しかし音の流れが埋もれてしまわないように弾く。
これは、昔(社会人になりたてのころの2年間ほど)ポピュラーピアノを習ったときに、先生がすごく強調してたことです。

3、曲のキャラクターを把握して、それをきっぱりと表現する。
別の言い方をすれば「らしく弾く」ということです。
たとえば今回のシューイチだと「ラテン系の、陽気で明るく、ノリのいいワルツ」というイメージを最初の段階からはっきりと持って、それを音で表していくわけです。
タワシの場合、ときどきそれが大げさになってしまったり空回りしたりすることはあるのですが、それでも、伝えたいことがなくて漫然と曲を弾くよりはよほど人の心に訴えるものがあるのでは、と思っていますから。

こういうことを、演奏前や演奏中にことさらに考えているわけではもちろんありませんが、ココロというかアタマというか、のどこかにインプットしておくと、やっぱり違いますね。
タワシは教会の信徒さんにポピュラーピアノのアレンジを教えてたりもするのですが、この3つのポイントはほとんど毎回どこかで口にしてます。
「また言ってる~」と生徒さんに思われているかもしれませんが。

しかし。
シンプルな曲で、魅力的に聴かせるということは、やっぱり難しいんです。
いろいろと偉そうなこと言っていますが、口ばっかりで、タワシも、まだまだできてはいませんね~。
山は高く、道のりは遠い!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる