FC2ブログ





地元ピアノサークル参加と今後の人前演奏予定 

先日の日曜は、地元のピアノサークル「ツクピア」の練習会があり、主日礼拝のあと参加してきました。
ブロ友でもあるdyneさん主催の、ピアノとグルメを愛する人たちの集まりです♪

去年、このスタジオの看板(?)だったスタインウェイが売れたらしく今はヤマハのグランドが置いてありますが、調律のせいか全然鳴らないとみんなが言っていたスタインウェイに比べて、格段に弾きやすかったです。
初対面の方もありましたが、場の雰囲気がとてもアットホームでリラックスできるものであり、まったく緊張せずに気持ちよく弾けました。
タワシが弾いたのは、
1巡目にハイドンのソナタト長調の第1楽章、
2巡目に「カタリ・カタリ」(カンツォーネ)「愛の賛歌」(シャンソン)「だから今日希望がある」(アルゼンチンタンゴの賛美歌!)の3曲
でした。
クラシックの有名なピアノ曲のレパートリーがほとんどないタワシは、困ったときは迷わずシャンソン、タンゴ、カンツォーネという路線に走ります。
3曲とも最近まったく練習していない曲でしたが、クラシックに比べたら練習なしでもかなり弾けるものですね。(あくまでも自分比です!)
クラシックをバリバリ弾ける上級者の人たちを目の当たりにすると、ソナチネレベルのテクニックしかない自分がどうしても惨めで恥ずかしく思えたりもしますが、その感情にも、今は慣れました。(慣れちゃっていいのか?)

今年の春は、これから先も人前演奏の機会がいっぱいあります。
まず真っ先に迫っているのは、3月29日の受難日礼拝。あくまでも礼拝の奉仕なので「人前演奏」というのとはちょっと違うかもしれませんが、やはりソロを一曲仕上げるにはそれなりの準備も必要なのでこれからしばらくそれに(できる限り・苦笑)専念したいと思います。
4月27日には、べヒシュタインのある某教会でのオフ会。980万円!のピアノ(shigさん情報による)で、讃美歌を弾こうと思っています。
5月には日程未定ですが、オショーズ&デシーズによる、初のホールでのれんしうかいを計画中!これもとっても楽しみにしています。もろに緊張しそうだけど。
6月には「おんそうず」本番とLLganzoさん主催の「紳士淑女の会」の豪華2本立て!
こうしてみるとかなりタイトに予定が入っていますね~。
今はまったくレッスンを受けていない身ですから、こうして極力人前演奏の機会を作って、恥をかくことで上達していくのが、最善の道なのかな?なんて思ったりしています。
しかし、まともに弾ける曲があるのだろうか・・・それが一番の問題だったりします。
[ 2013/03/20 07:12 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(9)