FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

03 | 2013 / 04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





前回のネガティブ記事でご心配をおかけしております(?)タワシです。
皆様から暖かいコメント、メッセージを、多数いただきまして、浮上しかけるも、またまた爆弾低気圧接近中で、いまいち元気にはなりきれませんが(今日もまた仕事がハードだったですし~)、それでもシューイチ録音はちゃんとアップしますよ~
これに関してだけは、われながら意志が強いですね。笑

今日の曲は「カンツォーネベストアルバムVOL2」という曲集の中から(普通にピアノのレッスンに通っている人はまず馴染みのなさそうな楽譜ですね~)、「ピノキオへの手紙」です。
1959年のゼッキーノ・ドーロ(ボローニャの教会が主催する子供のための歌のフェスティバル)入賞曲です。
かつて日本で大ヒットした「黒猫のタンゴ」もこの「ゼッキーノ」から生まれたんですって。

作詞、作曲は Mario Penzeri というひと。
童話「ピノキオ」を題材に、大人になった主人公が、ピノキオや仲間たちと過ごした(もちろん空想の中で) 楽しい日々を回想し、「君はあの日のことを覚えてる?今、君や仲間たちはどうしているの?」と手紙を書く、という内容の歌詞がついています。
そんな、ほのぼのとノスタルジックな雰囲気を持つ、ミディアムテンポのワルツのカンツォーネ。
こういう路線も自分としてはタワシワールドの大事な一部分だと思っているのですが、いかがでしょうか?

なお、この曲の楽譜は RITTLENELLO(リトルネッロ) から始まっています。リトルネッロとは聴かせどころの繰り返しの部分。一般的なポピュラーで言うところのルフラン(リフレイン)ですね。
確かにそんなふうに、サビから入るという手法は、よくあります。
でも今回タワシは、曲の本来の形に戻して、楽譜では最後のページに回されていた STROFA(ストローファ=カンツォーネで、曲の初めの語りの部分)から演奏しています。
(ポピュラーピアノでは、こんなふうにクラシックよりずっと、演奏者の解釈に委ねられる部分が大きいです)

[VOON] ピノキオへの手紙

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +