FC2ブログ
■2013年06月

■<今週の録音>ヴォルフ「幼年時代」から第1番「子守歌」

今週もまた土曜日になってのシューイチ録音アップ・・・しかも当日朝に楽譜を入手したばかりの「練習初日録音シリーズ」になってしまいました。
短期間で曲を仕上げる訓練には、多少なりともなっているでしょうけど、シューイチを楽しみにしてくださる方々には、こんなやっつけ仕事はすごく失礼なことですよね。
でも2週間後に「おんそうず」とオショーズの「れんしうかい」を控えた身としては、今は、シューイチはさくっとクリアして間近に迫ったイベントに備えたいのです。もちろん、「愛のない」選曲と演奏だけはしない自信があります!(←言い切った)

前置きはこのくらいにして今日の曲を紹介します。
オーストリア生まれの後期ロマン派の作曲、フーゴ・ヴォルフ(1860~1903)の、「幼年時代」という曲集から。第1曲「子守歌」です。
ヴォルフは主にリート(歌曲)の分野で活躍した人ですが、若干のピアノ曲も遺しています。
繊細で鋭敏な感受性の持ち主である彼は若いうちから周りの人になかなか理解されず退学や転校をくりかえしたようです。心を病んで、最期は精神病院で悲劇的な死を迎えました。
しかしこの曲は、聴いていただけばわかるように、彼の生涯につきまとう、絶望的で陰鬱なイメージからは想像できない、愛情あふれる優しくて穏やかな子守歌です。
彼にも平和で幸福な幼年時代があったのでしょうか、それとも彼の憧れ・願望が、音になった曲なのでしょうか

しかしなにげに、シューイチでは子守歌を取り上げることが結構多いですね。今年になって、もう3回目ですよ。


[VOON] ヴォルフ 「幼年時代」から第1番「子守歌」

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<9月13日> ♪「無言歌集」より 後悔、悲しい心、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪二つのドイツ舞曲より第1番、バガテルp.33−6(ベートーヴェン) ♪「フレースエーの花々」より フレースエーの教会で、あいさつ(ペッテション=ベリエル)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

TWITTER

follow me

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム