FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

06 | 2013 / 07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





お待たせしました~!
さる土曜日に行われた「第5回・音楽の星座」の報告をしたいと思います。

今回タワシは初めてオープニングのアンサンブルに参加しました。
オープニング、いつも、賑やかに愉しそうにやってるなーと思いつつ、観てた&聴いていたんですが、まさか自分がオープニング隊の一員となるなんてこれっぽっちも考えていませんでした。

ことの起こりは7月13日。
主催者のshigさんから
「星座のオープニングでリコーダー吹いてくれませんか?」というメッセが来ました。
へ?リコーダーですと?このタワシが?WHY? 
取り急ぎお返事しました。
「オープニングでですか かなーりビックリですが何の曲でしょうか。私にも吹ける曲だったらやらせていただきますが…」
曲は「王のエスタンピ第5」だと返事がきました。楽譜は目下作成中だとのこと。
エスタンピ?何ですかソレ?でもたぶんこれまでの流れからいって古楽なのだろうな、と想像はつきましたが。
その後音源も紹介してもらいましたが、とても同じ曲とは思えないいろんなバージョンがあって、タワシの中では疑問符が渦を巻いていました。
7月18日。楽譜が送られてきました。
げげっ、音域高い。高いA(ラ)の音まである、ちゃんと出るかなあ・・・と、不安に。
といいつつ、それからなかなかまとまった練習はできなかったのですが、本番二日前の木曜日、パンフレットの構成、印刷、折作業の傍ら、オープニングの予行演習もやると聞いて、うづら校長先生のお宅まで出向いたのでした。仕事はこの日幸運にも非番でした。
この日、行っておいて、その場にいる人だけでも合わせておいて、結果的に大正解でした。
ピアノと同じく笛もかなりへたっぴーなタワシですが、曲想をつかむのだけはそこそこ早いしそこそこ得意なのです。この日の練習で、舞曲ならではのノリを楽しみながら演奏できるようになりました。
リコーダーっていいなあ。もっと本気で毎日コンスタントに練習したら、そこそこ上手になるかしら。

そしていよいよ星座の本番当日。
オープニング隊のメンバーは、予行演習のときの倍くらいに増えて10名以上の大所帯に。
ヴァイオリン、クラリネオ、アンデス、オカリナ、リコーダー(ソプラノ、アルト、テナー)に、パーカッション陣という編成です。
舞台に上がってもほとんど緊張せず、とっても愉しく吹けました。
ステージにいたメンバー全員、心から楽しんで演奏してました。
タワシは高い音がひっくり返ったり速いパッセージでで指がもつれたり、とこれはまあ、予想通りの展開でした。汗
でもどなたかが「いいのいいの、ヘタウマなのがかえって味があって」と言ってくださる声に、大いに救われました。

こんな、愉しいオープニング隊には、れっきとしたユニット名があります。
その名も THE MUDDY ROPERS!
英語にするとなんとなくかっこいいのですが、その実態たるや、この名前の由来となった「棒を見てを綯う」という言葉をまさに地で行っているのであります。

今回 THE MUDDY ROPERS の一員としてデビューできたとことをほんとにうれしく思います。
本当に愉しかった。
アンサンブルっていいものですね。

というわけでピアノのオフ会なのにピアノのピの字も出てこないまま今日の記事は終わります。
続きはまた次回。
いや・・・よく見たら、ピの字使ってたわ。「エスタンピ」のピ。
あ、申しおくれましたがエスタンピとは中世のヨーロッパ流行した舞曲の名前だそうです。

ジャンル:音楽 - テーマ:音楽を楽しもう!


< NEW  +  OLD >