FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

06 | 2013 / 07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今週のシューイチですが、ナザレーの情熱的なブラジリアン・タンゴに夢中になっているという前回の記事から、180度方向転換して、ほのぼの郷愁路線とでも言いますか、優しく穏やかな曲を弾かせていただきました。
曲名は「老犬トレイ」。
「草競馬」「おおスザンナ」「ビューティフルドリーマー」「オールドケンタッキーホーム」など数々の名曲を世に出したスティーブン・フォスターの作品のひとつです。
有名曲が多いフォスターの歌(「歌曲」というといかにも「クラシックの声楽曲!」という曲を連想するので、この人の作品に使うのはちょっと抵抗があるんですよ)の中にあっては、そんなに知名度が高いとはいえないかも。
ハードボイルド作家・北方謙三氏の作品の中にこの曲がよく登場するそうで(あいにく未読ですが),氏の愛聴曲だったのかもしれませんね。

人生の朝は過ぎて、たそがれ時がやってきた。そんなときに夢に見るのは、優しく忠実だった愛犬・トレイと、村の草原を駆け回った、楽しかった日々のこと。トレイにまさる友に出会うことは、もう決してないだろう。
というのが歌詞の大意です。
↓英語の原詩ははこちら。(1節のみ)
The morn of life is past,
And evening comes at last;
It brings me a dream of a once happy day,
Of merry forms I've seen
Upon the village green,
Sporting with my old dog Tray.

※Chorus※
Old dog Tray's ever faithful,
Grief cannot drive him away.
He's gentle, he is kind;
I'll never, never find
A better friend than old dog Tray.

歌詞を全部知りたい方はこちらへ→
http://www.d-score.com/ar/A10011501.html

とにかくシンプルで素朴な曲でそれが持ち味なので、凝ったアレンジは意識的に避けたつもりです。
前奏や後奏もフォスターのオリジナルをそのまま生かしています。
前半は混声四部合唱をイメージして弾いてみましたが、ちょっと賛美歌チックになったかもしれませんね。
じっさいに讃美歌、聖歌に載っていても、不思議のない曲調だと思います。

素人っぽいといってもいいくらいに単純ながら、心に響くいい曲ですね。
年老いたペットを飼ってらっしゃる人や、愛するペットを虹の橋に送った経験のある人には、いっそう感じるものがあるかもしれません。(タワシはペットらしいペットを飼った経験はないんですけどね)

それにしてもこの曲を作ったときフォスターは27歳。この歌詞もとうぜん自作ですが、人生のたそがれを感じるには、27歳って・・・あまりにも若すぎませんか(苦笑)?


[VOON] Old Dog Tray

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +