fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

真夏のれんしうかい~ショパン・ワルツ3番 ミニレッスン
【2013/08/26 06:12】 練習会・弾き合い会
シューイチの〆日やデジピ買い換えの報告などがあり、すっかりご報告が遅くなりましたが、8月13日(火)に、「オショーズとデシーズ」コミュの「れんしうかい」がありました。
それからもう、2週間経とうとしていて、いまさら、という感もありますが(^^ゞ 印象に残っていることを簡単にまとめてみようと思います。

会場は猫カフェ(yogotoya女史邸)、お盆の時期ということもあり今回参加者は少なめ、デシーズはsleepingさん、アンダンテさんとタワシだけでした。が、オショーズのお知り合いのお二方が特別参加で花を添えてくださいましたよ(^。^)
shig師匠の作ってくれたタイ風そうめんがすごくおいしかったこと、星座のオープニングでみんなで楽しく演奏した「王のエスタンピ第5」という古楽の曲を再演したこと(今回もやっぱりめっちゃ楽しかった)などいろいろ書きたいことはありますが端折って、タワシが受けたショパンのワルツミニレッスンについて書きます。

今回なんと校長先生宅にお泊りさせていただくことになりまして、ファミレスでの夕食のあと、会場を校長先生宅に移しました。レッスンスタート時点ですでに夜の11時近くなっていて、疲れと眠気が・・・、今回の曲がメランコリックな短調のワルツで、まだよかったか。。。と思いましたが甘かったです(~_~;)

妙に緊張して出だしから何度も弾きなおしてしまいました。つっかえつっかえ、何とか最後まで行きましたが・・・shig師匠はちょっと当惑の表情を浮かべて「うーん どうしようかな」と。
今回タワシには珍しく、どう弾きたいのかが伝わってこない演奏だったようです。そして「どうしてこの曲を弾こうと思ったの?」といわれました。こういう質問をされたのははじめてかも。
「こういう、暗いテンポの遅い曲に苦手意識があるので、こういう曲も弾けるようになっておいたほうがいいかなと思って」と答えたタワシ。(ええ、そうなんです。自分ではあんまり意識してませんが、多くの人の意見によると、タワシのピアノは基本的に明るくて健康的な音らしいです。それだけに暗い曲を大人っぽく弾くのが得意ではありません。ちょっと哀愁が漂う「懐かし路線の曲」は好んでよく弾くのですけどね)
決して「愛のない選曲」というわけではありませんが、そういう苦手意識ゆえ、曲に対して入って行きにくいものがあったのをshig師匠はお見通しだったようで。ついでに言えば、その場にいたsleepingさんもそれは感じていたそうです。

今回特に注意されたのは左手のメロディ部分の運指です。
楽譜の師事を無視して無造作に自己流の指使いで弾いていました。
演奏上、何の困難も感じない場所ですがここでまさかのダメ出し!
指定の運視どおりに弾くことで、あら不思議、繊細なニュアンスの変化が生まれてきました。
それに比べてタワシのこれまでの運指ではのっぺりとしてつまらない演奏しかできなかったんです。
指は一本ごとにそれぞれ個性があるので、同じフレーズでも、使う指が変われば別の表現になってきます。
ショパンはそういうことも考慮して曲を書いているんですよね。改めて凄いなあと思います。

そしてもうひとつのポイントは
先入観で曲に「性格付け」するのはよくないということ。
タワシは、この曲は暗い曲、この曲は明るく元気な曲・・・というふうに、ついつい曲のキャラクターを型にはめてしまいたくなるんですが、(最初に曲のカラーを把握しておかないと弾けない、という意識がありまして)
特にショパンの場合それはまずいということでした。
タワシは曲のパート(よく、楽譜、特にポピュラー系の楽譜とか、連弾。アンサンブル用の楽譜によくありますよね、四角で囲ったAとかBとかの記号が)ごとに、曲想の変化をざっくりと把握して、それが聴く人に伝わるように意識して弾いていたつもりでした。
でもショパンの曲ではそんな区分よりもっとずっと細やかに、極端に言えば音符ひとつずつでも、表情が変化していくのです。だから彼の作品を明るい曲、暗い曲、などとカテゴライズするのは本当に無意味、どころかマイナス
なんです。
もちろんこれはショパンだけではなくて、大作曲家の作品って程度の差はあれ皆そうなのかもしれません。
ともあれ、ズボラな性格がよく出て、曲に向き合うときの姿勢も、本当に大雑把だなああと、大いに反省した今回のタワシでした。

さてさて、この「れんしうかい」からちょうど2週間後の明日は、sleepingさんのお宅で、ブログのお友達と一緒にピアノで戯れる予定であります。
現在人前でまともに弾ける曲がほとんど何もないという情けない状況ですが、他のみんなも練習中だから、大丈夫だよね? 
明日もおおいに楽しんできますね♪

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる