FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
今週のシューイチは、フランス・バロック音楽を代表する作曲家のひとり、ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)の「メヌエットト長調」です。
1728年に出版された「新クラヴサン曲集」という曲集の中の1曲で、かわいらしさとエレガントな雰囲気を併せ持つ、なかなかチャーミングな佳曲だと思います。
「クラヴサン」とはハープシコードのフランス風の呼び名です。

3日ほど前、インターネット上でたまたまこの曲を見つけ、ちょっと弾いてみて、どこかで聴いたことのある曲だなあと思ったら、タワシが一時期よく聴いていた女流ハーピスト、リリー・ラスキーヌ(1893-1988)の弾く、ハープ名曲集の中に入っていたんですね。
というわけで、またまた付け焼刃で申し訳ないんですが、練習3日目の演奏をアップさせていただきます。
デジピの音色をいつもと変えて遊んでみました。
まだこんにちのピアノが生まれていなかった時代の曲ですし、、こんなのもありかなと思います。
トリオの最後の部分で、左手の和音つかみ損ねてあらぬ音を出していますが、そ知らぬ顔で(?)弾き続けています。ご了承ください。
その他にも細かいミスタッチや音抜けなど突っ込みどころ満載です。ああ・・・毎回毎回、こんな言い訳しなくてはならないのがなんとも情けないですね。


ラモー「メヌエット ト長調」

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2013/09/27 09:46】 | 今週の録音
トラックバック(0) |


Sleeping
あ~こういう曲好き好き~!
タワシバロック最高です。フランスバロックってオショーズがよく話題にされてますが、イマイチよく分かってないんですけど、良いですね~素敵♪

タワシメヌエットって気持ちいいなぁ。しばし楽しい音楽に浸らせていただきました。ありがとうございます。

誤変換じゃないんだけど、「たまたまこの曲を見つけ」と見た瞬間に「たまたまこ」さん?と思ってしまいました。笑 高校とき、漢字は忘れたんですけど多分結婚されて偶然なのでしょうが「たまたまこ」という名前の先生がいたのよ。めっちゃ良い先生で。(あ、どうでもいいよね)


ゆめもり子
(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
うんうん、私もタワシバロック最高♪♪
私、その時代にいたのかなぁ、ミョウに懐かしく感じるのですが・・・(妄想)

「そしらぬ顔弾き」
どうか伝授してください!(笑)
今週もいろいろお勉強になりますた!


ラモーもいいですね!
ぶるっく
クラブサンの音色もすてき!
よくぞ、こんな真珠のような曲を探しだして演奏し、アップされますねぇ…すごい。
ブラボー、ブラービッシモ!!!


それから、ゴセックのタンブーラン、ありがとうございました!
こちらは私のダイヤモンドです!

大好きでそれを聴くといつもグッとくる…という曲がいくつかありますが(クラシックに限らず)、「タワシ版ゴセックのタンブーラン」もこの度、マイフェイバリット曲集に殿堂入りです!

重ね重ねお礼申し上げますm(_ _)m




こんにちは♪
ゆっき
さっそく遊びに来ました♪

きれいな曲ですね。
なんとたった3日でこんな難しい曲を...
私なら半年かかる...

やっぱりdivShareなのですね。
う~ん難しそう。



naoko
バロック時代の雰囲気、よく出ていますね。
デジピはこんな風に遊べるから楽しいですよね。
たまにデジピほしぃ~~って思います。
たった3日の練習でここまで持っていけるタワシさんの力量もいつもながらniceです(*^^)v


ゼロシン
素敵な演奏でした!
トリオの部分は一ひねり二ひねりあって暗譜はすごい難しそうですけど、何回聴いても飽きないですね。
重音の部分もかっこ良いです!つかみ損ねって書いてありますけど、どこなのか全然分かりませんでしたよ~。

今回の音色って何ですか~?
ハープシコード系ではない気がするのですが、エレクトリックピアノ系かにゃ。


まんまるお月
土曜の昼下がり、タワシさんの演奏でコーヒータイムを楽しんでおります♪

なんかかわいい曲ですね。デジピの音色ととってもお似合い。
そしていつものごとくどこがミスっているのかは分からず~~。

3日でこの出来なんて~~私、1ページのギロック子供のためのアルバムの曲で1ヶ月はかかってしまいます。

sleepingさんの「たまたまこさん」とは違うんですが、私、「クラブサン」がなぜか「グラサン」に見えてしまって…。
時々勝手に脳内変換してしまいます。危ない危ない…。

Sleepingさん>
私はタワシ
オショーズの弾くフランスバロックは素敵ですよね(*^_^*)
バロックといえば1にバッハ、2にバッハ、3,4がなくて5にヘンデルやスカルラッティ・・・という人が結構いるような気がしますが(私も以前はそうでした)、フランスに限らず、まだまだほかにも魅力的な作曲家や作品はあるんだなあと最近よく思います。自分の技術で弾ける曲はそのうちのほんのわずかでしょうけど、それでも、いろいろ発掘してみたいと思ってます。
でも「タワシバロック」って・・・笑笑笑
知らない人が見たら(聞いたら)頭の中が「?」だらけになっちゃいますよ。誰から言い出したんだっけ。Lべんだ~さん?

しかし、私のことだから、またまた何か誤変換やらかしたのかと思ってドキッとしちゃった。今回は私の誤変換ではなかったのね(ホッ)
できるだけ気をつけようと思います、できるだけ・・・ね(^^ゞ

ゆめもり子さん>
私はタワシ
もう~
もり子さんまで「タワシバロック」なんて!
いうまでもないことですが、このブログから一歩外の出たら、絶対に通じない言葉ですからね、念のため。
懐かしさを感じましたか?私のように以前じつは聴いたことがあったのかもしれませんが、まったくはじめて聴く曲でも妙に懐かしさを感じさせる曲って、確かにあるような気がします♪

「そしらぬ顔弾き」私も最近ようやく図太くなってできるようになってきたところなんです、まだまだ他人様に伝授できる域ではありません。ちゃんとした舞台に立つと、たぶんまたまったくできなくなってしまうと思われます。
まあ、ミスはしないですむならそれが一番ですよ(^_^;)



ぶるっくさん>
私はタワシ
ゴセックのタンブーラン、こんなにも気に入っていただけるなんて!演奏した本人も驚いています。ダイヤモンドだの、殿堂入りだの、大げさすぎますよ~(^^ゞ

今回のラモーもお気に召したみたいでよかったです。
普通にピアノを習っている人たちが当たり前のように弾く「定番曲」を弾かない(弾けない)分、マイナーな存在の曲たちと出会うチャンスが大きいのかなあ、と思ったりもします。それはそれで、とても楽しいものです。
というわけで今後もシューイチも、ひと味違ったラインナップになると思うのですが、よろしくお願いします<m(__)m>

コメントを閉じる▲