FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

08 | 2013 / 09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今週のシューイチは、フランス・バロック音楽を代表する作曲家のひとり、ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)の「メヌエットト長調」です。
1728年に出版された「新クラヴサン曲集」という曲集の中の1曲で、かわいらしさとエレガントな雰囲気を併せ持つ、なかなかチャーミングな佳曲だと思います。
「クラヴサン」とはハープシコードのフランス風の呼び名です。

3日ほど前、インターネット上でたまたまこの曲を見つけ、ちょっと弾いてみて、どこかで聴いたことのある曲だなあと思ったら、タワシが一時期よく聴いていた女流ハーピスト、リリー・ラスキーヌ(1893-1988)の弾く、ハープ名曲集の中に入っていたんですね。
というわけで、またまた付け焼刃で申し訳ないんですが、練習3日目の演奏をアップさせていただきます。
デジピの音色をいつもと変えて遊んでみました。
まだこんにちのピアノが生まれていなかった時代の曲ですし、、こんなのもありかなと思います。
トリオの最後の部分で、左手の和音つかみ損ねてあらぬ音を出していますが、そ知らぬ顔で(?)弾き続けています。ご了承ください。
その他にも細かいミスタッチや音抜けなど突っ込みどころ満載です。ああ・・・毎回毎回、こんな言い訳しなくてはならないのがなんとも情けないですね。


ラモー「メヌエット ト長調」

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


< NEW  +  OLD >