FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

08 | 2013 / 09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





かねてからお知らせのとおり、昨日(9月10日)は、ブログ仲間の夕さん(ブログ名:やっぱり(*^▽^*)ピアノ♪主催の、ピアノ練習会に初参加してまいりました。

会場は小竹向原の「カサデラムジカ」というスタジオ。
ちょっとわかりにくい場所にありますが、以前オショーズとの練習会で利用したことがあるのですんなりと行けました。
火曜はサービスデーということで、13帖のお部屋がなんと1時間1000円という破格の安さです。

参加メンバー6名のうち、リアルで知っているのは夕さんのみ。
3人の方とはネット上のお付き合いもなく、まったくの初めまして状態です。
でも同じピアノを愛するお友達同士すぐに打ち解けて、リラックスした雰囲気の中、まずは練習タイム。会場に到着した順番に交代で弾き進めていきました。
タワシは夕さんについで2番目に会場に着いたので弾くのも2番目。ショパンのマズルカ2曲と、この前の「星座」で弾いたシューベルトのメヌエットを弾きました。やっぱりどうしてもミスタッチがかなりありますね。。。やはりもっと確実性がほしい~
他のかたがたはベートーヴェンのソナタ、ブラームスの間奏曲、ショパンのノクターン等々、どれもなかなか完成度の高い立派な演奏でした。どうみてもタワシはレベル的に浮いてたような気がします(・・;)
練習タイムが終わると本番の練習をくじ引きで決め、希望者はアクシデントカードを弾きます。アクシデントカードの希望者は、以外にも夕さんとタワシだけでした。せっかくの妙案なのにもったいないですね。
タワシは演奏順2番(またしても!)でした。アクシデントカードは希望により何を引いたかわからないようにしてもらい、本番に臨みました。
練習のときと違う曲にしたかったのでヘンデルの「私を泣かせてください」とドゥセック(ソナチネアルバムでもおなじみの古典派の作曲家)のロンドという曲を演奏しました。
アクシデントカードを2枚引き、1枚は、客席で袋をガソゴソ言わせる、という騒音系のカードのようでした。でもタワシはシーンと静まり返った中で弾くほうがよほど緊張するので、適度な雑音や話し声などでは、残念ながら(?)あんまり動揺しないのです。
もう一枚は最後までなんだかわかりませんでした。「全員に足元をじっと見られる」という、視線系のカードだったんですが・・・これは弾くのに没頭してるとわからないですね。
視線系には一人が近づいてきて手元をじっと見続ける、とか、いきなり写真撮影されるというのもありました。それはけっこうショッキングかも。
タワシはクラシックに関しては暗譜があまりできない人なので、楽譜系のカード(急に楽譜が飛んでいく、など)だったらやばいあなと思っていたんですは今回は回避できました。ただ、自分の成長のためには、楽譜系のカードを引いたほうがいい訓練になったかもしれません。次回は楽譜系のジャンル指定で、カードを引こうかな。
夕さんは「弾いている途中で楽譜を強制回収される」というアクシデントカードで、楽譜を回収するお役目はタワシが引き受けさせていただきました。
ブラームスの間奏曲・作品118の2でしたが、中間部の、がぜん難しくなるあたりで、楽譜を強奪してきました。性格悪いタワシです。しかし夕さんはほとんど顔色ひとつ変えず、最後まで立派に弾ききりました。暗譜もばっちりなんですね。
時間が15分ほど余ったので、参加者のミッヒーさんが持参した、ブルグの25番とソナチネアルバム1巻の中から各自1曲ずつ選んで弾きました。
ブルグの「素直な心」や「アラベスク」「狩り」など懐かしい曲ぞろいで、楽しかったです。
タワシはソナチネアルバムの11番だったかな?クレメンティのト長調のソナチネの第3楽章のロンドを1ページだけ弾きました。子供のころ弾いてた曲は意外と指が覚えてるものですね、とはいえやっぱり左手のスケールで予想どおりにこけましたが(^^ゞ

その後全員で、すぐ近くのジョナサンでランチをしました。
健康志向の女子6人、そろって雑穀米を希望したのに、注文をし終わった後で責任者らしき男性がやってきて、雑穀米を切らしてしまったので普通のご飯にさせてほしいと・・・さすがにいやとはいえませんが、みんなけっこう後々まで残念がってました(笑)
タワシ以外の5人は皆さんレッスンに通ってて、レッスンや発表会の話で盛り上がりました。
参加者のおひとり(たまさん)が持参されていたカラフルな書き込みのある楽譜に話題集中。レッスンのたび先生がその日ごとに違う色の色鉛筆で書き込みをされるうえ、鮮やかな蛍光色の付箋が貼ってあったりするので、楽譜はまさに色とりどり状態でした。
話題になったといえばタワシの、タワシキーホルダーやタワシストラップも、皆さんに実物を障っていただき人気を博しました(^。^)

オフ会に行くといつも皆さんのピアノ愛に感化されてモチベーションがあがりますが、今回も皆さんから、いっぱい、やる気と元気をもらいましたよ(^^)v

追記:夕さんのブログのリンク先が間違っていましたので訂正させていただきました。夕さんと読者の皆様には、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。
夕さんのブログにも、当日の様子が、写真入りで楽しく詳細に報告されていますよ~♪

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +