FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2013/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
解凍中!ハイドン「びっくりシンフォニー」
台風一過の青空が広がり、とても気持ちのいい朝です。
今日はタワシの定休日、今日の空のような晴れやかな気持ちでピアノの練習に精を出したいと思います。
(被害を受けた方々には心からお見舞い申し上げます。タワシは昨日は休日出勤でしたが、こちらでは台風は思ったほどひどくなく、職場まで無事に自転車で往復しました)

昨日もかなりピアノスイッチがオンになっていまして、いっぱい弾きまくりました。弾いた曲はブログ右上の「練習メニュー」をご覧ください。でも、ちょっと1、2度弾いただけでリストに書き忘れているものが、たぶんいくつかあると思います。
今日のブログでは、その中からハイドンの曲をピックアップしたいと思います。

自分のブログの過去記事を見ていて、一昨年の8月にハイドンの交響曲第94番「驚愕」(俗称;びっくりシンフォニー)の第2楽章と第3楽章を練習していたのを思い出しました。
ワンランク上(?)の驚愕シンフォニー
<録音(ビフォー版)あり>ハイドンのメヌエット~交響曲第94番第3楽章
2年以上放置して、がちがちに凍り付いていますけど、久々に解凍してみようと思い立ち練習しています。

有名な第2楽章は、実は、主題と4つの変奏から成る変奏曲。
ソナチネアルバム1の「付録」22番には、「アンダンテ」という曲名で、主題と最後の変奏(のイージーバージョン)だけが取り上げられて、わずか1ページに収まっています。
コレだったらタワシも余裕で(?)弾けますけどね。どうせなら、やっぱりオリジナルな形で弾きたいじゃないですか。

古典派ってボロが出やすいとよく言いますが、タワシも感じます。
この曲はいうまでもなく純粋なピアノ曲ではなくてオケの曲の編曲モノなのですが、それでもやっぱりそれは同じですね。
タワシの場合、スケール(音階)が下手なのも大きな原因だと思います。
この曲でも、音階ではやっぱり苦戦しています。
古典派でもうひとつ苦手としているのが「アルベルティバス」という伴奏音形。ドソミソ、ドソミソ・・・という幼稚園児もよく弾いているアレですが粒をそろえて軽やかに弾くのが難しいんですよね。幸い、ハイドンのこの曲ではあまり出てきません。ほっ。

これまでのシューイチを聴いてくださってよくお分かりだと思いますが、タワシは有名曲ってめったに弾きません。とくに人前では。
この曲はアレンジものとはいえ超有名曲ですが、納得のいく演奏ができたら人前にさらしてもいいかなと思ってます。

ついでに第3楽章メヌエットも解凍中です。
現時点では、貼り付けてあるビフォー版より大幅に後退してしまって、情けない限り・・・
2年前の自分のほうが今よりよっぽど弾けてるじゃん、と思ったらちょっと悲しくなりました。皆さんはそんなことってありませんか。若い人は、ないんだろうなあ(苦笑)
ま、めげずにがんばります。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<6月2日> ♪年老いしロビン・グレイ(スコットランド民謡) ♪2つのピアノソナチネ作品5より(フェルディナント ・リース ♪マズルカ(「秋の夢」より)(レビコフ)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる