FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

日付が変わるまであと30分!
今回はのシューイチは、いつもにも増してぎりぎりになってしまいました。

巷がすっかりクリスマスモードなのに加え、教会でも明日からいよいよアドベント(待降節)に突入、ということで、前回に引き続きクリスマスの曲をお届けします。
今回の曲はスペインのクリスマスキャロル。
「A La Nanita Nana」です。

おさなごイエスを賛美するこの曲は、18世紀に作られたスペインの伝統的な大衆歌といわれてきました。スペイン語圏では、以前から子守唄として民衆の間で愛唱されてきているようです。
しかし詞と曲が、ロハ出身のエクアドル人・Segundo Cueva Celiの手によるものであることが、最近(2008年)明らかにされました。
といっても完全に彼の自作というより、伝統的に歌われている曲を彼が採譜、編曲したという可能性もありますね。
「チーター・ガールズ」という、ディズニー系の女性3人組ユニットも、この曲を歌っています。

スペインというとノリノリで情熱的な曲を真っ先に連想するのですが、これは短調(後半は長調に転じますけど)でしっとりした味わいのある、美しい曲です。
ただしタワシの演奏で美しさが伝わるかは疑問です。
でもとりあえずお聴きください。


"A La Nanita Nana"

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

<8月13日> ♪ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11 全楽章(ハイドン) ♪スラブ舞曲 ホ短調Op.72-2(プリモ)(ドヴォルザーク) ♪枝折戸(オブーホフ) ♪アズラ(ルビンシテイン)
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文: