FC2ブログ





調律したてのグランドピアノで・・・ 

おんそうず本番までに最低一度はグランドピアノで練習しておきたくて・・・
本当は仕事がオフの昨日行きたかったんですけど用事があって行けず、1週間のうちでも一番多忙な水曜日の今日、出勤前の一時間、スタジオで朝練してきました!

ちょっと弾いてみてすぐに、鍵盤がびっくりするほど軽いのに気がつきました。
よく響き、音程の狂いもないので、もしかして調律したばかりかしらと思い、部屋に備え付けのノート〈スタジオと利用者の間の「連絡帳」の役目をしています)で見ると
11/18 調律しました!
と書いてありました。
一昨日ではないですか!
道理で、という感じです。
これだけ軽い鍵盤にはなかなかお目にかかれないので、本番の予行演習をするにはどうかな?という気がしますけど、少なくともタワシは気持ちよく弾けました。
音色がいかにもYAMAHAの音~という感じで、明るすぎるのは曲によってはちょっと気になりましたが、ハイドンはウチでデジピで練習しているときより格段に調子よく弾けました。

実際のところ、おんそうずで弾く曲たちにはあまり時間はかけませんでした。
それよりもモー様、つまりモーツァルトの、ソナタK330(2,3楽章)のほうが完全メインでしたね。
これは、おんそうずの3日後のれんしうかいでミニレッスンをつけてもらう予定の曲なのだから、浮気曲とは決していえません。
軽い鍵盤は、この曲を弾くのにはありがたかったです。

でもウチに帰って自分の録音聴いたらホントにガックリしました。
テンポの遅い2楽章は、たくさんのミスしながらも一応弾けてはいるんですけど、
ガラじゃないといいますか、似合わないといいますか、そういう感じが漂いまくっています。
そして悲しいことに、タワシが弾くと、「天国的に美しい」といわれるモー様の曲が、ちーっとも美しくないんです。

凹みましたが凹んでばかりもいられません!
オショーズのミニレッスンで、この曲がどれだけ変わるのか。本気で期待してみようと思っています。
[ 2013/11/20 23:04 ] スタジオ(Gpiano)練習 | TB(0) | CM(2)