FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
あっ!というまに、クリスマスまで1週間になってしまいました。
仕事の忙しさは、今は何とか普通レベルに収まっています。
でもこれから繁忙期のピークに向かっていくのは必至ですね。
体調崩さないように健康管理をばっちりと。気を引き締めていきましょう!

肝心のイブ礼拝に向けての準備ですが、ぼちぼち・・・というところでしょうか。
ヴァイオリンとのアンサンブルはやっぱり実際にあわせてみないとなんともいえないです。
ピアノのパート譜自体はそんなに技術的に難しいものでないのですが音が少ないだけに二人の息が合わないと目立ちそうな感じ。
楽譜と同じアレンジの音源(千住真理子さんのCD)を見つけましたので、ヘビロテで聴いています。

ソロはまだ時々止まったり弾きなおしたりしてしまいます。
3段譜やところによっては6段譜を見ながら弾いているのですが、左右の手でどうやって弾くべき音を分担するかがその場しのぎではっきり定まっていないところが何箇所かあるのですよね。
でも幸いなのはこの曲がタワシの好きな8分の6拍子ということかな。おかげでこんな低い完成度にもかかわらず、心地よく弾くことだけはできています。
なお、原曲は静かな余韻を残して終わるように書かれていますが、タワシは今回ちょっとだけアレンジして、曲のラストはヴァイオリンも加わって、曲中に引用された讃美歌「神の御子は今宵しも」を一節まるまる、堂々と鳴らして終わることにしました。
本来ならあと1ヶ月くらいはかけてじっくりと弾き込みしたいところですが、いつものシューイチのにわか仕込みぶりに比べたらだいぶマシとはいうものの、やっぱり練習不足のまま本番に臨むことになりそうです。

オカリナは、今日教会で、ピアノ伴奏の牧師夫人と一緒に30分みっちり練習しました。ピアノがメロディでオカリナがオブリガートをつける箇所、アレンジに最高の余地ありのようです、これからじっくり練り直します。
これまた、もうちょっと早くやれよ、と突っ込まれそうですが。
ヴァイオリンとのアンサンブルもそうですが、一人ではできないあわせモノの楽しみを味わいながら演奏できたらいいと思ってます。


FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2013/12/17 16:17】 | 日記
トラックバック(0) |

No Title
monet
私はタワシさん、こんばんは~☆
あ、本当だ。今日でクリスマス1週間前ですね!
クリスマス礼拝、素敵そうな予感♪ 
そ、それにしても、6段譜を見てピアノ弾くなんて、すご過ぎます!!タワシさんにかかれば、ドビュ様やラヴェルの、細かい3段譜なんて、何でもないんでしょうね~。いいなぁ^^。
ところで。mixiの日記で、偉そーなコト、つぶやいていて、ごめんなさいね…。

No Title
ゆめもり子
イブ礼拝。とっても楽しそうです~(*・ω・*)

6段譜????ヽ(゚Д゚;)ノ!!今更ですが・・・
これって、もともとピアノじゃないのをピアノにしてるってことですか??????(@Д@;
うきゃ~~~~!
未知の世界・・・・


monetさん>
私はタワシ
多忙につきすっかりお返事が遅くなってすみません。
クリスマス礼拝はあしたでイブ礼拝が来週の火曜日です。クリスマスのほうが、イブより先に来るというのもちょっと変ですが、実際はよくあることです。
明日のクリスマス礼拝も私がピアノです、これからさらっと練習します。

6段譜というとなんかすごく思えますが、実際は、ピアノの伴奏パートが歌のパートをそのままなぞっているということも多いので、(少なくとも私が弾いているレベルのものならば)慣れてしまえば思うほど大変ではないですよ。当然のことながら全部の音を拾うわけでなく弾けない音は切り捨てますしね。でもどの音を拾いどの音を捨てるかという段階ではある程度音楽的センスが求められるかもしれません。

>ドビュ様やラヴェルの、細かい3段譜
それはまた別の世界です、思い浮かべただけでぞ~っとします。その前に、2段譜だって無理です。

ゆめもり子さん>
私はタワシ
>イブ礼拝。とっても楽しそうです~(*・ω・*)
はい、クリスマス礼拝もイブ礼拝(キャンドルサービス)も機会があればぜひ教会で体験してみてください。
ほんとに、もうちょっとお近くなら、うちの教会のイブ礼拝やクリスマス礼拝にお誘いするのにな~

>6段譜????ヽ(゚Д゚;)ノ!!今更ですが・・・
これって、もともとピアノじゃないのをピアノにしてるってことですか??????(@Д@;
→もりこさんちょっと驚きすぎです。その顔文字・・・^^;
オーケストラのスコア見て即座にピアノで弾くことだって、できる人はできるんですよ。
この曲はもともとバリトンソロと混声四部合唱、それに伴奏(ピアノかオルガン)のために書かれたようです。今度楽譜お見せしますね。
私は自分の弾けるレベルにするのに、かなり音を削っています。なので実際はちっとも大したことはないんですよ~

コメントを閉じる▲