FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ADMIN
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
<今週の録音>サン・サーンス「アヴェ・マリア イ長調(1865)」
TB [0]   CM [10]   EDIT  2013/12/21/Sat 16:01
クリスマスイブ礼拝に向けて、ここ数日エンジン全開でがんばっていますが、それでもシューイチは休みませんよ(笑)
クリスマスキャロルが続いていましたが、今回は少し趣を変えて「アヴェ・マリア」をお聴きください。
とはいえ、やはりクリスマスシーズンに間に合わせたいということで、それには今日しかないというわけで、短期集中で、イブ礼拝前の貴重な時間をかなり割いて練習しました。まだまだ練習は足りませんが、今回はこれでお許しください。

アヴェ・マリアといえば、バッハ=グノー、シューベルト、そして最近ではカッチーニ(といってもこれは別人の作だけど)が圧倒的に有名ですが、もちろんこの他にも古今東西のたくさんの作曲家が作曲しています。
その中でタワシがこよなく愛するのがサン・サーンスのもの。彼のアヴェ・マリアは5曲現存しているんですが、ここで取り上げたのはイ長調の曲で、ややこしいことに彼は同じ調で2曲のアヴェ・マリアを書いているため(しかも作品番号がない)タイトルのあとに作曲年をつけて区別しているようです。

ロマン派の作曲家の筆になるものにふさわしく、流れるような美しいメロディと和声を持つ曲で、聖母マリアのきよらかさとあたたかさをよく表現していると思います。
グノーやシューベルトらの曲と並んでもっと演奏の機会があってもいいのでは、とタワシは思いますが・・・
相変わらずのつたない演奏ですが、曲の魅力の何分の一かでも伝わればうれしいです。

今回も歌と伴奏の3段譜を見ながら弾きました。ところどころ一人二役の難しさを実感しました~


Ave Maria in A 1865(Saint-Saëns)

T-TITLE : クラシック
T-THEME : 音楽
CATEGORY : 今週の録音
今日の練習メニュー
<4月13日> ♪青の洞窟にて、デルヴィッシュ、ヒンドゥスターン・ナッチ(レビコフ) ♪プレリュード、おちびちゃんのメヌエット(ゴダール) ♪ポロネーズ ト短調(P.E.バッハ) ♪メヌエット イ短調(ラモー)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム