FC2ブログ





初挑戦!コンチェルトの第2ピアノ♪ 

クリスマスイブですね!
皆様 メリークリスマスです♪
今夜は教会のキャンドルサービスでピアノ弾いてオカリナ吹いて聖歌隊で歌ってきます(なんと忙しい!)
聖歌隊は人手不足につき急遽借り出されたのです。久々に聖歌隊服着ます(^^♪

さて、今のうちにここで表明しておいたほうが、逃げ出せない状況になって、意志の弱いタワシにはかえって好都合だと思いましたのでお話しますが
以前にも書きました「愛のあるCDを作ろう」という企画で、 
な、な、なんと!
ブログ 「ゆめもり子の…」 で おなじみの、ブログ仲間、もり子さんと共演させていただくことになりました!
ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調」で、タワシが第2ピアノ(オケパート)を弾きます!

もり子さんの素敵な演奏は彼女のブログで聴くことができます。
れっつ・ごー(^^)v
http://yumemoriko.blog.fc2.com/blog-entry-156.html
(勝手にリンク貼ってよかったですか、もりこさん?)

ショパンはほとんどピアノ専門に曲を書いたような作曲家です。
なので協奏曲でもオーケストラのパートはとても音が薄く、ひっそりとピアノを支えているという印象です。
もり子さんが発表会でそうしたように、ピアノ独奏部だけでも十分に成り立つくらいです。
でも、終盤、メロディがオケに移り、ピアノがそれをきらびやかなパッセージで美しく装飾していく部分は、ピアノだけでは主旋律がなくなってしまいますのでさすがにちょっと寂しいかも。
バラキレフや、ライネッケといった作曲家たちが、一人でソロとオケの両方のパートを演奏できるようにアレンジした編曲版もあります。もちろんその分難易度はアップしますね。
今回せっかくCDを作るのなら、2台ピアノが可能な環境ですし、これは絶対第2ピアノがあったほうがいいという話になりまして。

本当はオショーズに頼んだらいいと思っていたんです。たぶんショパンの曲がピアノコンチェルトの中で第2ピアノの難易度は一番低いんじゃないかなと思いますので、オショーズだったら練習なんてまったくしなくても初見で楽勝でしょうからね。
しかしどういうわけか、永遠の初級者・タワシが、もり子さんのお相手をつとめさせていただくということになりました。
もり子さんに本当にそれでいいのか確認しましたが決意は固かったです。

いくら音が少なくてテンポも遅いとはいえ、合わせものならではの難しさというのが絶対にあると思うんです。
2台ピアノはもちろん連弾さえ決して慣れているとはいえないタワシ・・・
もり子さんの足を思いっきり引っ張るのではないかと不安です。
でもせっかくのこの機会、2台ピアノでアンサンブルの楽しみを味わってみたいという思いのほうが勝ちました。
もり子さんファンの皆様、どうか寛大な心で見守ってやってください。

なお、最初に申し上げておきますが、今回の企画は、音楽を愛する仲間が集まって自分たちだけの宝物を作る、という趣旨の、あくまでプライベートなものですので、CDが完成しましても販売、配布などする予定はありません。あしからずご了承ください。

[ 2013/12/24 09:51 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(6)