fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

キャンドルサービス礼拝終了!

2013.12.25 (Wed)
昨夜はクリスマスイブのキャンドルサービス礼拝でした。
今回タワシは全体で歌う讃美歌伴奏のほかに、ピアノソロ、ヴァイオリンの伴奏、オカリナ演奏、聖歌隊、と、かなりで番が多くなりました。聖歌隊は人手不足のため急遽借り出されたのです。

結果から言うと、演奏としては必ずしも満足のいくものではありませんでした。
オープニングのヴァイオリンの伴奏も、何箇所も捏造してしまった。ただこれは大きなミスタッチというわけではないので、知らない人はまず気づかないレベルだった思います。
急造チームによる聖歌隊で「諸人こぞりて」の3部合唱は、直前の打ち合わせでタワシが開始の合図を出すことに決まったのですが、しばしそれを忘れてぼっとしていました(汗)歌も最初はばらばらでどうなることかと思いましたが、後半は持ち直したかも。
オカリナは、リハのときはとっても調子がよかったのですが、本番はなぜか緊張して出だしの音で滑りました。練習中も経験したことのないミスでかなり残念です。でもこちらも後半で何とか挽回したと思います。
ひどいチキンハートだという牧師夫人も、緊張で楽譜が見えなくなったとあとで言っていましたが、止まることなく最後までがんばって伴奏し続けてくれました。
そしてトリの「ジェズーバンビーノ(幼な子イエス)」では、演奏中に楽譜ファイルが落下するというアクシデントが!ほぼ暗譜していたので何とか最後まで弾ききりました。ラストはヴァイオリンが加わってくれたので心強かったです。トレモロで力強く締めることができました。

ピアノもオカリナも練習の成果を存分出すことができなかったことで悔しさはありますが、終了後の、皆さんのあたたかい反応に救われた思いです。
初めて教会に来たという女性の方が,タワシのオカリナをとても気に入ってくださいました。
またトリの曲もとても好評で、華やかなエンディングに変えたことも(今回のプログラムでは)成功だったようです。

まあ一言で言えば、至らぬところは多々ありましたが、結果オーライというところでしょうか。
タワシの失敗の数々を、聴く人にあまりわからないように、と、神様が助けてくださったのかもしれません。

これで、大事なひと仕事を終えました。
次は「愛のあるCD」の企画と、来春の「乗り物&ラテンおふ」に向けて選曲と練習に励まなくては。
とくにコンチェルトの第2ピアノはお相手に迷惑がかからないように、早めに本気モードに入りたいところです。
 | HOME |