fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

7分間に3曲・・・

2014.01.24 (Fri)
前回の記事に書いたとおり「ラテン・乗り物おふ」での一人当たりの持ち時間は7分間。
どこかのコンテストみたいに時間に鳴るとベルが鳴って強制終了!ということはありませんので、多少のオーバーは可ですが、この7分という時間、人によってはすごく短くも長くも感じるでしょう。
本格的な大曲を演奏したいと思っている人には、間違いなく、短すぎる時間でしょうね。

タワシは長い曲のレパートリーがほとんどありませんので、こういう場では、たいてい2,3曲を組み合わせて弾くことになります。
一昨年の9月の[美味しい音楽]コンサートのときは、なんとナポリターナをメドレーにして、10分の持ち時間に5曲も詰め込んだ経歴あり。終盤大崩れで恥ずかしい、当日の音源はこちら→Napolitana Medley (piano solo)
今回はメドレーにこそしませんが7分間に3曲弾きます。

2曲でもかまわなかったのですが、せっかくの機会なので時間いっぱいホールの響きを楽しませていただこうと思いました。緊張するのは相変わらずですが、少しずつ図太くなってきているような・・・(^^ゞ
そして今回3曲弾くのには、もうひとつわけがあります。
今までの人前演奏の例で行くと、必ずといっていいほど最初の2,3分は会場のピアノの癖がわからず、戸惑っているうちに時間が過ぎます。
スタートでつまづくと惨憺たる結果になりやすいので、今回はそれを少しでも回避するために、最初に余裕を持って弾ける短い曲を組み込んでみました。

それがポンセの「スケルツィーノ・メヒカーノ」です。
シューイチが始まる前、ひっそりと録音してました~
「易しい」曲の難しさ~Ponce:Scherzino Mexicano

しかしこの頃から本人もすでに気づいていますが、譜面ヅラが易しいからといって音楽的に美しく弾くのも易しいかといえば話は別です・・・
もちろんウォーミングアップ(?)とはいえ、愛のない曲をを選びはしません。
この曲、最初に聴いたときから大好きです。(ギター用の編曲でしたが。)
 | HOME |