fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

ハイドン ピアノソナタ  ト短調 (Hob.XVI:44)
【2014/08/06 08:46】 Classical music(古典派)
星座が終わってから、さすがにもうマズルカはしばらく弾きたくない(楽譜を開くと心がちくちく)なので、がらりと毛色の違う曲を弾いてます。
ハイドンのピアノソナタ、それも比較的珍しい短調の曲です。

ハイドンのソナタの作品番号は、版によって順序が異なり、わかりにくいんですけど
ピティナのピアノ曲事典によれば
ソナタ 第32番(ウィーン原典版番号) ト短調 
Sonate für Klavier Nr.32 g-Moll Hob.XVI:44 op.54-1

となっています。

このソナタは2楽章制です。
短調特有の憂いはありますが、絶望的な暗さではなく、一言で言えば「適度なメランコリックがとても心地よい」曲ですね。

第一楽章の提示部を、サクっと(でもないか~)弾いてみました。
タワシが弾くと妙に明るいですね~(汗) でもまだ表情とかつける段階では全然ないので大目に見てください。






ソナタ ト短調Hob.XVI44 第1楽章提示部

古典派の曲は、譜読みだけは楽チンです。
指さえ回れば(タワシの指はとろいので、ち~っとも回りませんが)初見でもそこそこカタチになるでしょうね。
でもぼろが出やすいので人前で弾く気にはなかなかなりません。
モーツァルトはもっと怖いです。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる