FC2ブログ





いつからこんなアガリ症になったのか? 

今日から9月ですね。雨のスタートになってしまい残念ですけど。
それにしても、月日が経つのが早すぎる~

さて、ブロともさんのブログで中学時代の話になりまして・・・
中学時代のタワシは、とっくにピアノ教室はドロップアウトしてたんですが、それでも今よりピアノをやっている子が少なかったので、曲がりなりにもピアノが弾けるというだけでクラス対抗の合唱大会では伴奏させられてました。
ブロともさんもそうなんですが、タワシも、「緊張でがちがちになって失敗した」という記憶はないんですよね。
アガリ症ではなかったのかな。それとも緊張した記憶が残っていないだけで実際はしていたのでしょうか?
中学時代の自分の演奏ってどんなにかひどかったろうと思うのですが、それでも堂々と開き直って弾けていたのだとしたらある意味怖い?

社会になりたてのころ2年間ほどポピュラーピアノのレッスン受けてましたが、個人の先生で、そこでは発表会など人前演奏の機会がなかったのです。
そして先日ブログ記事にも書いた7年前のピアノオフ会デビューでは、緊張のあまり散々なことになったという事実があります。
それ以来、それなりに場数を踏んだおかげでだいぶよくなってきてはいますが、基本的にはアガリ症ゆえの緊張、ビビリとの戦いが続いてます。
ほんとにいつからこんなになっちゃったんでしょうね?

まあこんなことで思い悩んでもしょうがないので、悩むヒマがあったら練習しよ。

話は変わりますが
アクセスカウンタ これ書いている時点で69982です!
70000アクセスまであとひといき!
キリ番踏まれた方はご連絡いただけるとうれしいです。
[ 2014/09/01 10:56 ] 雑記(@ピアノ) | TB(0) | CM(22)