FC2ブログ
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

ソナタHob.XVI:44完奏への道!

日曜日の夕食前というなんとも中途半端な時間に、近所(自転車で5分)の音楽室(スタジオ)にグランドピアノ弾きに行ってきました。
昨日はいつになくピアノのコンディションがよかったようで練習がはかどりました。
ほとんど浮気曲を弾くこともなく、ハイドンのソナタHob.XVI:44に集中できてよかったです。
1楽章はあとはもう弾き込むだけという段階になったので2楽章に入っています。
このソナタは規模が小さくて全2楽章制なんです。ということはこれで2楽章が弾けるようになれば Hob.XVI:44は完奏できるということですね。
日ごろ、あまりにもいつもささやかな小品ばかり弾いているので、ソナタを一曲通して弾くということがまずほとんどなかったタワシですが、今回はもしかしてもしかすると1曲完奏の可能性も?

でも、タワシ的には、このソナタ、2楽章のほうが1楽章より体感難易度は高いです。
3拍子なんですが、弱起でいきなりターンから始まるので、もたもたしてるとリズムが崩れて拍感がおかしくなってしまいます。「リズム音痴の本領発揮!」とならないようにしなくては。
それにしてもハイドンさんって装飾音の中でもターンが好きですね。ソナチネアルバムに載っているハ長調のソナタでもたくさん出てきてました。
第2楽章は短調と長調の対比がポイントです。でもなかなか思ったように表現できないですね。

今月末にピアノのお仲間の少人数の弾き合い会があり、第1楽章はそこで弾く予定です。
ハイドンの時代に現代のようなピアノはなかったせいなのか(?)、ショパンのようにどうしてもグランドで練習したいという思いにはこあれまで正直あまりならなかったのですが、あまりにも「デジピ族丸出し」では恥ずかしいので、当日までにもまた(できれば何度か)グランドで弾く機会を作りたいと思っています。
ペダルを入れるポイントがデジピとはかなり違うような気がしますが、うちに帰ってデジピに向かうとまたどうしてもデジピ仕様の踏み方になってしまいます。う~んどうしたものか。

テーマ: ピアノ
ジャンル: 音楽

今日の練習メニュー
<1月26日> ♪「メサイヤ」より「ハレルヤ」(ヘンデル) ♪ああ麗しのべルメランド(スウェーデン民謡) ♪おどりたい と おもってはいるが・・・(細井勝美) ♪ふんじゃった猫のレントラー(国枝春恵)
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる