FC2ブログ





<今週の録音>ソナチネ ト長調(op59-2) 第2楽章(ボルク) 

今週のシューイチは、タワシが子供のころ好んでよく弾いていた曲を紹介します。
メトードローズとソナチネアルバムの間の橋渡し的教材として「こどものソナチネ(田村宏編)」という曲集をやったのですが、その中に収められているボルクという作曲家のソナチネがタワシは好きでした。
ソナチネといえば古典派の作曲家の作品が圧倒に多い中、ボルクは1839年生まれというロマン派真っ只中の人です。
このソナチネはおそらく教育目的でかかれたものだと思われますが、子供向けのソナチネの典型的な性格(単純明快な曲想、平易なテクニックなど)を持ちながらも、確かにロマン派の香りがします。

今回はその中でも特にお気に入りだった第2楽章アンダンティーノを弾いてみました。
「大人が弾く子供のソナチネ」ならではの、余裕のある味わいが出せるかな~と思ったんですが、
こういう、音数の少ないシンプルな曲をピアノで美しく歌うのって意外と難しいですね~
なかなか思うような録音がとれず、意外と時間を食ってしまいました。
まだ気になるところがありますけど、どんな曲なのかお伝えすることくらいはできるな?と思います。






ソナチネ ト長調(op59-2) 第2楽章(ボルク)

[ 2014/11/01 23:12 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)