「永遠のソナチネレベル」卒業記念録音~K547a 第2楽章~ 

あと2時間程度で2014年も終わりです。
皆様にとって今年はどんな年でしたか?
タワシ的には、去年のような救急車で搬送されるよう大病もせず、まずは平穏無事に過ぎた一年でした。

ピアノのほうも、相変わらず自由気ままな独学ピアノライフですが、亀の歩みのようにゆ~ったりとではありますが、前には進んだ、と思いたいです。
シューイチも、欠かすことなく続けることができました。
今年も新たな出会いがたくさん。リアルピアともさんも増えました。はるか関西や東北から来てくださったお友達もありました。

そんななか、これまでずっと{永遠のソナチネレベル」と自称し続けてきたタワシですが、今年をもってソナチネレベル卒業を宣言させていただきました。
実際のところソナチネアルバムの曲を完璧に弾けるかといえば、絶対絶対そんなことはないのですが、でも一段上のステップへの夢と希望を持って、(強制終了という声も一部にはありますが)卒業ということにしちゃいました。
今年の終わりにその卒業記念として、「ソナタアルバム」に載っている曲の中からモーツァルトのピアノソナタ ヘ長調 K547a 第2楽章を録音してアップします。

この曲の楽譜はじめて見たときすごく驚きました、なぜならとてもよく知っているある曲とそっくりだったから。
そうなんです!ソナチネアルバムにもそしてソナタアルバムにも載っている「あの曲」のフィナーレ(第3楽章)です。
「あの曲」はハ長調ですがこちらがヘ長調。
しかも機械的にそっくりそのまま移調したのではなくて、(間違い探しのように?)何箇所か異なっている箇所があります。

タワシの演奏は・・・いろいろ問題点もありますが、今の実力ではこれで精一杯です。
ペダルが不必要なところで、無意識的に踏んでしまい、その点が一番反省すべきところです。
あと、終盤、もうすぐ終わる~と思ったら、そんなつもりはないのに加速してしまっていました。。やっぱりリズム音痴なんだな~
でも楽しんで弾けたので良しとしましょう。指も、以前に比べたらこれでもだいぶ回るようになってきているのですよ。(前がどれだけひどかったんだ!?って話ですね)

今年はこれにて最後のブログ更新となります。
1年間ありがとうございました。
来年もタワシワールドをよろしくお願いします。







ピアノソナタ ヘ長調 K547a 第2楽章