FC2ブログ





C.P.E.バッハ「練習ソナタ」 

クリスマス直前のこういう時期ですから、教会の奏楽者として当然のことですが、タワシの最近の音楽生活はクリスマスカラーに染まりきっています。
でもそんな合間を縫って、クラシックピアノの練習も、細々ではありがますが、しているのです。

図書館でヘビーローテーション(?)で借りている「新編世界大音楽全集 バッハの息子たち ピアノ曲集」という本(楽譜集)がなかなか興味深く、自分でも弾けそうなのをこれまでにもいくつか弾いてきましたが、今は、C.P.E.バッハ(バッハの次男)の「ソナタヘ短調」という曲を練習してます。
このソナタには<クラヴィーア奏法のための6曲の練習ソナタ>という副題がついてます。
練習ソナタって・・・ハノン、チェルニーが大嫌いなタワシだから絶対拒否反応が出ると思ったでしょ?
でも意外とそうでもないんですよ。
ハノンなどをやらない分も、実際の曲の中で必要なテクニックを磨いていけたらいいなとは思っているのです。
今年後半よく弾いているハイドンのソナタなんかも、やっている理由の半分は練習曲代わりの面もあったりするんです。

第1楽章は両手の交差がメインの訓練ポイント。
これもかなり苦手なんですけど(子供のころ、ブルグのつばめで苦労した記憶がよみがえる~(^▽^;))がんばります。
そしてしつこく続くアルベルティ・バス(ドソミソドソミソ・・・系の伴奏音形)これも得意な人は得意なんでしょうけどタワシはどうしても音が不揃いになりがちでこれまた苦手・・・
あれも苦手、これも苦手・・・苦手なことがいったいいくつかあるんだろう。(それに引き換え得意なテクニックはほとんどなし)ほとほとイヤになりますね。
2,3楽章はまだ譜読みもしてません。
3楽章はファンタジア。小節線がまったくない・・・!
↓こんな感じ。 クリックすると画像全体が見られます。

unnamed.jpg

たまにこういう楽譜をお見かけはするんですけど、自分で弾ける気はまったくしないですね。だいぶ克服しつつあるリズム音痴がぶり返し、さらに悪化するんじゃないかという気がします。爆

もしももしも、気が向いて自分で弾くようなことがありましたら、レポします。
でも録音は・・・ダストボックスにも入れられないんじゃないかな~


[ 2014/12/15 11:15 ] Classical music(古典派) | TB(0) | CM(6)