FC2ブログ





JAZZへの想い、再燃中♪ 

イヴェントネタということで前回のシューイチ録音ではスタンダードナンバーの名曲「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を弾かせていただきました。
解凍期間2日間という、毎度ながらのやっつけ仕事にもかかわらず、たくさんの暖かきコメントを頂き、感謝、感謝です。
去年のクリスマスシーズンにアップした「サイレント・イヴ」もそうでしたが、タワシの場合クラシックよりポピュラーやジャズ系の曲のほうがずっと反応がいいですね。(反応が薄くても聴いていただけるだけで幸せですが、やはり好意的な声が多いと素直にとってもうれしかったりします)やっぱりいまだに自分はポピュラー畑の人間なのかなあ・・・と、ふっと思ったりします。

やっぱりジャズもいいなあ・・
ジャズ特有のテンションコードがバシッと決まったときはすごく気持ちいいです。
できることなら、もうちょっと本気モードで、基礎からやり直してみたいなあとちょっと思っています。
も楽譜どおりにきちっと弾くことを要求されるクラシックより、演奏者の自主性にゆだねられる部分がはるかに多いジャズは、捏造名人のタワシには向いているかもしれません。
ただ、本気でやろうと思ったらそれにはやっぱり時間が必要ですよね。
現在の限られた練習時間をクラシックピアノとジャズピアノで割り振りすると、どちらも中途半端になってしまいそうです。
クラシックをばっさり捨ててジャズに専心するということも考えにくいですし。
やっぱり気が向いたときに短期集中でがんばる、くらいしかできないかもしれませんね。

とりあえずブログの過去記事で公約していたものくらいはレパにしておきたいと思います。
「ああ 麗しきベルメランド」のジャズバージョン
(記事はこちら http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-389.html
(季節はずれではありますが)「Have yourself a merry little christmas」
(記事はこちら http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-447.html
おんそうずとぱちもんオフが終わるまでは手を出さないようにしたいのですが、誘惑に勝てるかな?

最後にタワシのひそかに敬愛するジャズピアニストを紹介しておきます。
それは・・・オランダ・ジャズ界の重鎮といわれているLouis Van Dijk(ルイス・ヴァン・ダイク)という人なんです。


彼の、Ballads In Blue というアルバムの中から TRILOGY(トリオロジー )という曲です。
彼自身のオリジナルということですが最初の数小節で誰もが「バッハ?」と思うはずです。
どんだけバッハを愛しているんだろう、この人(笑)
それにしても美しい演奏です。

Triology-Louis Van Dijk Trio
[ 2015/02/17 13:39 ] Pops&Jazz | TB(0) | CM(10)