FC2ブログ





いっぱい楽しくて、ちょっと残念だった「ぱちもんおふ」。 

3月8日(日)、オショーズのshigさんと夜毎屋さん主催のイロモノおふ(=毎回ユニークな縛りがあるテーマコンサート)「ぱちもんおふ」に、行ってまいりました~♪
毎回、趣向を凝らした演出で楽しませてくれるイロモノですが、今回は 来場者をを受付で出迎えてくれる八文堂(ぱちもんどう)ミニチュア、映画仕立てのオープニングのムービー、演奏中に映しだされるコメントなど、すべてに一段と気合が入っていて、スタッフの豊かな才能と陰の努力に、ただただ賛嘆しました。
演奏者の皆さんも選曲に、衣装に、知恵と工夫をめぐらせて「ぱちもん」というテーマを大いに楽しんでいました。
イロモノオフは普通の発表会やコンサートに比べて個性的な曲が並ぶことが多いのですが、今回はテーマがテーマだけにいつもにもましてそういう傾向がありましたね。中には、リュートを奏でながら替え歌で般若心経を唱える人までいました!

そんな中、タワシの演奏は残念なものになってしまいました。(←またですか?)
腕のよい女性調律師さん(開演前に少しお話しましたが、とっても感じのよい方でした)のおかげで、とても弾きやすいピアノでした。
リハーサルのときは調子よくて、これなら行けそう、と思いました。
なのに、本番では連日の寝不足がたたったのか、集中力が欠けていて、練習ではしたことのないミスを立て続けにしてしまい、すると動揺が次のミスを呼んで、あっちこっち音をはずしまくりました。お決まりのパターンといえばそれまでですが(苦笑)。
まあ、途中で止まったり弾きなおしたりする場面はなかったので、立ち直れないほどの大事故だったわけではありませんが、今回は全体的に身の丈にあった選曲にしたつもりだったのでもうちょっとまともな演奏ができなかったかなあ~と、悔いが残ります。
でもずるずると失敗引きずってもいいことはありません。今回のテーマは「ぱちもん」。ぱちもんオフでぱちもんな演奏をしてしまった。これもある意味、会の趣旨にかなっているといえなくもないです。

そうそう、今回「最愛の人が死んで嘆いている男」というシチュエーションを勝手に想定したので、それに合わせて「喪服」を着て演奏しました!
ただ今回来た喪服はワンピースだったんですけど、設定上「男」なんだからもっと男っぽい格好にすればよかったかも、という意見がありました。確かにそこまで徹底すればよかった。男物の喪服なんて持ってませんし、そもそもそこまで意識が回りませんでしたけどね・・・

ところで、いまさらこんなことを書くのも何なのですが、実は選曲にはエントリー寸前まで迷いがありました。
初志貫徹して最初に弾きたいと思ったものを弾けばよかったかなあと、いまも正直、少々後悔しているのです。
テーマを聞いて最初に思ったのは、自分のオリジナルアレンジを舞台にかけてみたい、ということでした。
弾きなれている讃美歌とか、世界の民謡とかをタワシアレンジで、何曲かメドレーにして弾きたいな、と。
民謡はナポリターナメドレーを以前やって、タワシには珍しく、かなりの成功でした。今回はやるとしたらイギリス編か北欧編で考えていたんです。
讃美歌にせよ民謡にせよ、「何でもあり感」が全体に漂う今回だったら、違和感なく受け入れてもらえたかも、と今にして思います。
またチャンスがあると思いますので、そのときは心の声に素直に従いましょう。

あ、それからもうひとつ。
今回、楽屋で、ちょっとうれしいことがありました。
初めてお会いする方から「あ、タワシさんですか!?ブログ見てますよ~」と声をかけていただいたんです。
プロテスタントの教会に通ってらっしゃったことがあるそうで、素敵なアレンジで賛美歌の伴奏ができてうらやましい、などといってくださいました。シューイチもよく聴いておられるようで、ありがたいことです。
あとでその方の演奏を聴いたらめっちゃお上手でした。
コメントは残さなくてもこうやってあたたかいまなざしで見守ってくださっている人たちもいるんだなあ・・・
励みになります!これからもさらに精進してシューイチもさらにレベルアップして、ずっと続けていきたいと思ったタワシです。
[ 2015/03/10 07:35 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(6)