FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

03 | 2015 / 04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





たまに自分のブログの以前の記事を読み返すことがあるんですが、いつまでたっても進歩ないなあと思うことが断然多い中、時には「お!こんな自分でも、成長してるんだなあ」と気付くこともあります。
最近またハイドンのソナタやってますので、それに関する自分の過去記事を見ていたら、こんな記事を書いてました。

ハイドンはどうなった?~やっぱり古典派は苦手

こう言ってしまっては実もふたもありませんが、やはり古典派はあんまりタワシの性には合わないみたいです。
と、早々と結論(?)を出してしまってますな~。
この2,3日の練習でモーツァルトでぼろが出る人はハイドンでもやっぱりぼろが出るのだということを学びました(苦笑)
・・・ってさぁ、たしかに今でもボロは出まくりですけど、でもでも、たった2,3日の練習であきらめるのは、われながら潔すぎるというか、あまりにもあまりにも「単なる根性なし」でしたね。

あの記事を書いてから4年余り、別のソナタではありますけど、「DustBoxクオリティ」ながら(笑)ソナタ1曲最後まで通るようになって(2楽章もそのうちアップします。相変わらずゴミ箱かもしれませんが)ちょっと自分をほめてあげてあげたい気分になりました。
この間に、少なくとも「古典派は譜読みは楽だけど退屈」という偏見は、タワシの中ではまったくなくなったように感じます。

ピアノの演奏技術自体は、あまり進歩してないかもしれません。
苦手意識のあるテクニックも当時とほとんど変わっていなくて、いつも苦戦してます。
でもあの頃よりは確実に引き出しが増えて、あの頃つまらないと思った曲を楽しんで弾けている。
それだけでもやっぱり、成長といっていいんじゃないかなと思います。

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +