FC2ブログ





ピアノサークル☆tsukupia 5周年記念練習会♪ 

去る日曜日、ピア友・Dさんの主催する地元のピアノサークル「tsukupia」の練習会に行ってまいりました~
日曜礼拝のあと最寄りのコンビニにピックアップに来ていただいて会場へ。
日曜礼拝ではピアノの奉仕者体調不良のため急遽タワシがピンチヒッターを務めるという予想外の出来事もありましたが、何とか無事に任務を果たし、久々に最初からフル参加することができました。
今回はサークル創設5周年の記念の会ということもあってか、まれに見る大盛況!
ブログで親しく交流しているHさんやNさんなど、遠方からの初参加組も加わり、大いに盛り上がりました。

過去記事を見てみたら タワシは2011年の12月にここの集まりに初参加してました。
地元ということもあってそれ以来何度もお邪魔して会場もさすがに勝手知ったる場所となり、また参加者も「おんそうず」でおなじみの顔ぶれも多いということで、今回はほとんど緊張することなく演奏を楽しむことができました。
ピアノはヤマハのグランド。こだわりのある上級者さんには目立った特色がないところがちょっと平凡に思えたかもしれませんが、タワシ的にはタッチといいペダルといい変な癖がなくてとても弾きやすい楽器でした。
タワシが弾いた曲はブログ右上の「本日の練習メニュー(5月17日)」に載っています。
結局バッハのBWV639やシューベルトの即興曲OP142-2など、結構王道な曲を弾きました。「無名曲の伝道はどうした?」といわれそうですが、実は楽譜ファイルを持ってくるのを忘れてしまったんです。
<追記>本日の練習メニューは更新すると前の分が消えてしまうので、ここに記録しておきます。
♪無伴奏チェロ組曲第6番~ガヴォットニ長調(バッハ=メイソン) ♪コラールプレリュードBWV639(バッハ=ケンプ) ♪即興曲作品142-2(シューベルト) ♪スラブ舞曲第10番ホ短調(連弾)(ドヴォルザーク)


このサークルはなにげに(笑)レベル高いです。
中でも人間ジュークボックスと呼ばれるCさんは、ちょっと常識の想定外?
ほぼ独学だということですが、レストランなどで演奏で収入を得ているセミプロさんで、クラシックの上級曲からジャズ、ポピュラーまで何でもすらすらと弾きこなします。
リクエストにもかなりの確率でこたえてくれるのはもちろんですが、伴奏や連弾のお相手なども初見で難なくこなします。

そんなCさんにメンバーのIさんがドヴォルザークのスラヴ舞曲(第1番)の連弾をお願いしてすんなりとOKしてもらい、とても楽しそうにあわせているのを見て、「自分もやりたい!」と無謀にも思ったタワシ。なんとIさんに楽譜を貸してもらって、スラヴ舞曲の中でも一番好き(そしてたぶん一番有名)な第10番ホ短調をCさんと連弾(タワシはプリモ)してみることになりました!!考えてみたら大胆ですよね。われながら度胸あったと思います。
演奏は、タワシの実力を思えば奇跡的にうまくいきました。ほぼ完璧なCさんを尻目に、予想通りタワシが一人ですごくいっぱい間違ったり、落ちたりしましたけど、それでも表情もつけて舞曲らしいノリで弾けたのは、ほぼ初見(この楽譜を見たのはたぶん2度目のはず)にしては上出来でした。録音してなくて残念~! 次回はちゃんと準備してCさんにお相手してもらおうともくろんでおります。

初対面のNさんとはタワシ同様ミスタッチの多さを気にしている方で、どちらからともなく「ミスタッチ勝負(どっちが多くミスタッチをするか)」の話が出て、互いに「私(ミスの多さでは)負けないわよ」と言っていましたが(爆)Nさん録音で聴く以上に素敵な演奏でぜんぜんミスがにならなかったんですよ。
Hさんは相変わらず安定感のある演奏、そして美しい音色!とくにフォーレの無言かはタワシの好きな曲でもあり、大いに堪能しました。Hさんも「こんなに弾けてどこが不満??」と皆が思うほどご自分の演奏には点が辛いです。
ピアノ熱が一時下がっていたということでちょっと心配だったKさんも相変わらずの美声をぞんぶんに聴かせてくれましたし、ピアノのほうもばっちりでした。Kさんの依頼で「美女と野獣」の伴奏をさせていただいたのですが、これまた捏造に次ぐ捏造で何とかかっこつけたという感じ。 Kさんごめんあさいです次回はCさんに初見で伴奏していただくのがいいですね。
ビートルズをこよなく愛するSさんは、いつものようにマイギター持参での参戦。ギターとピアノでそれぞれビートルズのナンバーを弾き語り。ピアノの腕前もどんどん進化してます。次回はクラシックピアノにも挑戦してくださるようで楽しみです。
主催者のDさんは、お得意のしっとり系ポピュラーで。今回入魂のシューベルトが聴けなくてちょっと残念でしたが「癒し王子」と呼びたくなる心地よい演奏でしたよ。
ほかのかたがたの演奏もそれぞれすばらしかったですが、長くなるので今日はこの辺で。

最後に、参加した皆様お疲れ様でした。楽しいひとときを、本当にありがとうございました。
また近いうちにきっと、ご一緒しましょうね~♪
[ 2015/05/19 12:44 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(6)