FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

明日から3泊4日で富山の実家に帰省するので、早いですが今週分のシューイチをアップしておきます。
シューベルトのドイツミサ曲D872より、第5曲「サンクトゥス(聖なるかな)」です。
通常のミサ曲は、「典礼文」と呼ばれる、ラテン語の定型文を歌詞にしています。
シューベルトはその短い生涯で、通常のミサ曲も6曲も書いています(スゴイ!)
しかしきっと、「やはり母国語であるドイツ語で主に賛美をささげたい!」という思いがあったのでしょうね。
ドイツ語の歌詞を持ち、、美しい旋律に満ち溢れたミサ曲D872をも、書き上げたのでした。

その第5曲「サンクトゥス(聖なるかな)」は中でも特に気高く清らかな曲です。
日本の讃美歌集にも古くから採り入れられてきました。
現行(?)の「讃美歌21」では別の訳になってしまっていますが、タワシは旧讃美歌の、
「昔いまし 今いまし とわにいます 主をたたえん」という歌詞のほうが断然好きです。

楽譜にしてわずか4段の短い曲なので例によってタワシアレンジの第2節をくっつけようかと一瞬思いましたが、こういう曲はは足すことも引くことも必要ないというか・・・アレンジすることはかえってマイナスでしょう。

音数が少なくテンポも非常に遅いので、テクニック的にはバイエルレベルでじゅうぶん弾けそうな曲ですが、美しく弾くのは意外と難しいです。
タワシなりに、神様への礼拝のこころとシューベルトへの敬意を、いっぱいこめて弾いたつもりではありますが・・・いかがでしょうか?







サンクトゥス(ドイツミサ曲より)(シューベルト)

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

<8月13日> ♪ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11 全楽章(ハイドン) ♪スラブ舞曲 ホ短調Op.72-2(プリモ)(ドヴォルザーク) ♪枝折戸(オブーホフ) ♪アズラ(ルビンシテイン)
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

名前:
メール:
件名:
本文: