水曜祈祷会のちょっとした(?)ハプニング

先週に続き水曜祈祷会の話題です。
水曜祈祷会では3曲の賛美歌を歌いますがそのうち2曲は伴奏者(タワシ)が事前に選曲して牧師先生にSNSでお知らせすることにしています。
選曲はちょっと大変なこともありますが(できるだけその日のテーマにふさわしい曲を選ぶのが望ましいため)、好きな賛美歌を選んでその曲を「歌の上手な牧師先生」はじめ皆さんに歌ってもらえるのは嬉しいものです。

ところが今日はちょっとした事件が起こりました。
2曲目の賛美歌を歌う前に牧師先生が「この賛美歌はたぶん皆さんも初めて歌うのではと思いますが・・」と前置きされたのです・
え?なんで?この教会でも何回も歌ってるはずだけど?
と不思議に思いつつ言われた番号を開いたら・・・全く知らない曲でした!
歌いたかったのは486番だったのに先生にお知らせした番号は386だったのです!!後でスマホで確認しましたが間違いなく386と打ってました。
タワシ「すみません間違えました!486のつもりで386と打ちました!どうしましょう?」
牧師先生「せっかくだから予定通り386でいきましょう」
ひえええ~ 実は386はほとんど歌われない(?)賛美歌で(歌集に載っているだけで五百数十曲もあれば歌わない曲も出てきますよね)、牧師先生も初めて歌う曲だったので、今日音源を聴きながら練習されたというのです。
当然タワシも歌ったことも聴いたこともない曲でした。
なんとか初見で弾き通しそれに合わせて皆さんが歌いました。

「初めてにしてはずいぶん堂々と弾いてたね~」と牧師先生。はい、度胸だけはかなりついてきましたからね。
ある信徒さんは「新しい賛美歌を知るきっかけになってよかったわ」と笑って言ってくださいました。
初見が特に得意というわけではないですが、賛美歌程度の曲ならば曲がりなりにも初見で弾ける程度には訓練してあって、まずはよかったです。
しかしほんとそそっかしいな。以後、気を付けます。

テーマ : 聖歌・讃美歌
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場