<今週の録音>O Sing A Song of Bethlehem(ヴォーン・ウィリアムズ編) 

クリスマスまであと1ヶ月を切りました。
教会でもクリスマスツリーやリースを飾ったり、20日のクリスマス礼拝の後の賛美大会に向けて始動するチームがあったり、と、主の降誕を待つ雰囲気が高まってきました。
というわけでシューイチも今週からクリスマスモードに入ります♪

今回の曲はイギリスの民謡(楽譜にはEnglish Country Songとあります)を、ヴォーン・ウィリアムズが編曲した「O Sing A Song of Bethlehem」という曲を弾いてみました。(「KINGSFOLD」 という別名もあるようです)
「新生讃美歌」では206番「羊飼い集うベツレヘムで」というタイトルです。
第1節のみ歌詞を紹介しておきますね。

羊飼い集う ベツレヘムで
み使いは歌う しらせの歌
今その歌声 世にあふれて
み子のお生まれと 平和祝う


ヴォーン・ウィリアムズの編曲は、SATB(混声四部)譜で、バロックふうのポリフォニックな書法です。
1節はこれを忠実に再現したかったのですが、付け焼刃で正確に弾くのは思いのほか難しくて・・・(汗)
かなりの回数、録音を重ねましたが、毎回どこかしら違う箇所を(それもいくつか)間違えるという状態で、とうとう諦めました。結局、いつものごとく捏造がいっぱい入っています。大きなミスタッチがなかったからこれでまあよしとします。
2節以降は(これまた例によって例のごとく)タワシアレンジを入れました。
最後は個人的な好みにより(笑)ピカルディ終止(短調の曲が長調の主和音で終わること)にしました。

それではどうぞ~♪






O Sing A Song of Bethlehem(ヴォーン・ウィリアムズ編)