<今週の録音>O Sing A Song of Bethlehem(ヴォーン・ウィリアムズ編)

クリスマスまであと1ヶ月を切りました。
教会でもクリスマスツリーやリースを飾ったり、20日のクリスマス礼拝の後の賛美大会に向けて始動するチームがあったり、と、主の降誕を待つ雰囲気が高まってきました。
というわけでシューイチも今週からクリスマスモードに入ります♪

今回の曲はイギリスの民謡(楽譜にはEnglish Country Songとあります)を、ヴォーン・ウィリアムズが編曲した「O Sing A Song of Bethlehem」という曲を弾いてみました。(「KINGSFOLD」 という別名もあるようです)
「新生讃美歌」では206番「羊飼い集うベツレヘムで」というタイトルです。
第1節のみ歌詞を紹介しておきますね。

羊飼い集う ベツレヘムで
み使いは歌う しらせの歌
今その歌声 世にあふれて
み子のお生まれと 平和祝う


ヴォーン・ウィリアムズの編曲は、SATB(混声四部)譜で、バロックふうのポリフォニックな書法です。
1節はこれを忠実に再現したかったのですが、付け焼刃で正確に弾くのは思いのほか難しくて・・・(汗)
かなりの回数、録音を重ねましたが、毎回どこかしら違う箇所を(それもいくつか)間違えるという状態で、とうとう諦めました。結局、いつものごとく捏造がいっぱい入っています。大きなミスタッチがなかったからこれでまあよしとします。
2節以降は(これまた例によって例のごとく)タワシアレンジを入れました。
最後は個人的な好みにより(笑)ピカルディ終止(短調の曲が長調の主和音で終わること)にしました。

それではどうぞ~♪






O Sing A Song of Bethlehem(ヴォーン・ウィリアムズ編)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場