舞曲祭りな一日♪

日曜日のイースター礼拝は、無事終わりました。
今年は、イースターといっても特別讃美(ソロやアンサンブル)があるわけではなく、いつもどおりの礼拝の中で、復活がテーマの讃美歌を数曲、いつもどおりに伴奏しただけなのですが、前日にメールで送られてきたプログラムを見ると、牧師先生の選曲の中にタワシの知らない曲があったので、事前にネットで検索して予習しておきました。
午後はポットラック(一品持ち寄り)パーティで、たらふく食べました。
来年のイースターには特別讃美が何かできたらいいなあ~♪ 教会にはヴァイオリン、フルート、クラリネットなど、楽器のできる人が何人もいるので、タワシは自分のソロより、誰かの伴奏をやりたいです。(合わせモノ大好きなの)

イースターが終わって、ピアノのほうも通常運転に戻っています。
今日は定休日だったので久々にがっつり練習しました。
来月のれんしうかいでレッスンしていただく予定のモツソナ(K570の1楽章)が、どうもあまりはかどりません。難所で、いつまでたってももたついています。恥ずかしいのでレッスン曲変更しようかとも思いましたが、弾けないからこそアドバイスが必要なんですよね。なので予定通りモツソナを見てもらうつもりです。
それ以外に弾いた曲はドヴォルザークのスラヴ舞曲の4番と10番(いずれもプリモ)、グラナドスのスペイン舞曲第1番、グリークのノルウェー舞曲(スキップダンス)・・・う~ん、やたら舞曲が多いですな。まさに舞曲祭り!

特にグラナドスは、本気スイッチ入りましたて、今日一日でずいぶん弾けるようになりました。(あくまで対自分比です) 
といってもこの曲決して易しくはないので、いつものように2,3日でシューイチにアップするとかは無理ですから。
この手の曲はリズムが命ですよね。
正直今でもすごく「難しい」と思います、でもそれ以上に「楽しい」です!
子供のころは自他共に認める重症のリズム音痴だったタワシですが、「舞曲大好き」と言えるようになったというのは、そのころに比べたらリズム音痴の度合いがこれでもだいぶ改善したということなんでしょうね~

スペイン舞曲第1曲は こんな曲です。 
サブタイトルはタワシの楽譜では「メヌエット」となっていますが「ガランテ(Galante)」となっているものもあるようです。
メヌエットと聴いて一般に連想する音楽とはずいぶん趣が違うけど スペイン風のメヌエットってこういうものなのでしょうか・・・


Luis Fernando Pérez, piano Enrique Granados Danza Española nº1 "Galante"

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場