fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

指定期間 の記事一覧

Mちゃんの愛した歌・・・「鷗(かもめ)」

2016.03.10 (Thu)
実はタワシは中学時代合唱部に入っていました。
「大地讃頌」「木琴」「野生の馬」などの曲を歌った記憶があります。
(高校には合唱部がなくて、文芸部に入りました)
今は、合唱というジャンルに特別に思い入れがあるわけではありませんが、それでも時々、合唱のCDを聴きながら当時のことを懐かしく思い出したりもします。

合唱といえば最近よく聴いているCDがこれ。


小中学生による初々しく可憐なコーラスもあれば、日本のトップレベルの合唱団体によるみごとな歌唱もあり、曲目も懐かしの歌謡曲、教科書でおなじみの愛唱歌、そしてもともと合唱用に書かれた定番名曲まで多岐にわたっています。

しかしタワシはこの2枚組みのCDの中で、どうしても1曲だけをヘビーローテーションで聴きまくってしまいます。
それは・・・
作詞:三好達治 作曲:木下牧子 「鷗(かもめ)」です。
なんて気高く、それでいて親しみやすいメロディーなのでしょう!
そしてなんと美しいハーモニーなのでしょう!

この曲が大好きだといつも言っていた友人がいました。(過去形なのは今はすっかり疎遠になってしまい、連絡を取るすべもないからです)
SNSで知り合った彼女はアマチュアの声楽家(ソプラノ)ですが、原因も治療法も分からないという難病とずっと戦い続けていました。
リアルでも何度か会い、二人でスタジオを借りて、歌とピアノを楽しんだこともあります。(彼女はピアノも弾け、特にベートーヴェンのソナタが好きでした)
彼女の体調が悪化してからは、だんだん音信不通気味になり、数年前からまったく交流がありません。
その彼女・Mちゃんが愛してやまなかった「鷗」。
今日もこの曲を聴きながらMちゃんのことを思います。

どうしていますか?病気はあのころよりよくなりましたか?それとも今もまだ、苦しみの中にいるでしょうか?
大好きな歌を、今も歌っていますか?
またあなたと一緒に音楽したいです。


木下牧子作曲 アカペラ・コーラス・セレクションより「鷗」
 | HOME |