FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

04 | 2016 / 05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今週はいつもより一日早く、金曜日のアップとなります。
「展覧会の絵」や「禿山の一夜」で有名なロシアの作曲家ムソルグスキー(1839-1881)の知られざる小品(ピアノ独奏曲)「涙」 Une Larmeを弾いてみました。

ムソルグスキーといえばこの肖像画!

どう見ても呑んだくれのおっさんにしか見えない(?)この肖像画は、レーピンというロシアの名画家が、アル中の大作曲家・ムソルグスキーの姿を見事に活写したものだそうです。
この人の晩年は本当に痛ましいです。アル中のため官吏の仕事も失い、親しい友人や肉親とは次々と死別、離別、孤独の中でますます酒におぼれていき、ついには発狂という、最悪のシナリオに・・・

そんな彼が死の前年の1880年に、おそらくは自分の真情をひっそりと吐露するために書いた、と思われるのが、タイトルもズバリ「涙」という、この小品です。
序奏と三部形式の主部とコーダで、鏡像のような構成になっています。
長調に転じる中間部は、幸せだった日々の回想でしょうか。
曲はピカルディ終止で締めくくられています。
神による魂の救済を表しているとされる、最後の長調の主和音に、ムソルグスキーはどんな思いをこめたのでしょう・・・?

練習3日目で、まだまだ思うような細やかな表現はできていませんが、少しでも作曲者の思い、そして演奏者の思いが伝われば幸いです。
それでは、どうぞ。






涙(ムソルグスキー)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +