FC2ブログ





短調の讃美歌に心惹かれる 

前にもお話したと思いますが、タワシの教会では伴奏者が、日曜礼拝や、水曜祈祷会で歌う讃美歌の選曲のうちの一部を任されています。
メッセージの内容にふさわしい讃美歌を選ぶのは、すんなりはかどることもあれば意外と苦労することもありますが、自分の好きな讃美歌を皆で歌ってもらえるのはやはり嬉しいものです。
特にうちの牧師先生は、
こちらの記事 でも書いたように美声で歌が非常にお上手ですから。

ところで、現在歌われる讃美歌・聖歌は圧倒的に長調のものが多く、うちの教会で使っている讃美歌集でも、短調の曲は文字通り数えるほどしかありません。
その数少ない短調の讃美歌に、なぜか心をひかれるものが多いです。先週は、水曜日と日曜日に、連続して短調の曲を選びました。
人生いつもルンルン気分で楽しく過ごせるわけでなく、悲しみも苦しみもありますが、神様を信じる者にはそんな中でも揺るがない平安と希望がある、ということを、短調の讃美歌は、より強く、感じさせてくれるような気がします。

牧師先生の選曲される讃美歌も、短調の曲が結構多いような印象があります。
今年のイースターの曲も、先生の選ばれたのは短調だったので、ちょっと驚きました。
短調がお好きなのでしょうか。今度訊いてみようと思っています。

短調の讃美歌の中で特にタワシが好きなのが、讃美歌第85番「主の真理(まこと)は 荒磯(ありそ)の岩」という曲です。
貼り付けたYOUTUBEには歌詞も載っていますので、興味のある方は見てみてくださいね。
現代風の讃美歌も素敵ですが、やはりこういうオーソドックスな、いかにも讃美歌らしい讃美歌は心落ち着きますね。
文語体の歌詞がとても格調高く、日本語として美しいです。


【讃美歌第85番】主の真理(まこと)は
[ 2016/06/03 10:44 ] 讃美歌・聖歌 | TB(0) | CM(4)