FC2ブログ





<今週の録音>感傷的なワルツ(オドエフスキー) 

先週、先々週と、一日早く(つまり金曜日に)シューイチをアップできて、土曜は余裕で過ごせていたんですが、今週は再び元のペースに戻ってしまい、こうして土曜の夜に、時計とにらめっこしながらバタバタしてます。

前々回のボロディンに続き、ロシアものです。
楽譜の出どころも、ボロディンと同じく
新編 世界大音楽全集 器楽編48 ロシアピアノ曲集1
です。

ロシアの小説家,音楽評論家 オドエフスキー(Vladimir Fyodorovich Odoevsky 1804~1869)の「感傷的なワルツ」という小品を弾いてみました。
オドエフスキーという名前は恥ずかしながら初耳だったのですが、辞書によれば

ロシアの小説家。ドイツ-ロマン主義の影響を受け,哲学的小説を書いたほか音楽評論でも活躍し,ロシア音楽の独自の伝統を育てることに尽力した。主著は,独特の形式をもつ連作小説・評論集「ロシアの夜」。

とのことです。
曲は、タイトルから連想されるとおり、サロン風の小曲です。
そしてこれまた予想されるとおり、チャイコフスキーやグラズノフらのワルツと同じ、ロシアの香りがします。
作曲家が51歳の時の作品だとか。

今に始まったことではありませんが、今回も練習時間が足りなすぎて、細かな表現までとても手が回らず(もっとも安物デジピだから、時間をかけても無理かもしれないけど・涙)悔しいです。
でも少なくとも大体の雰囲気は伝わるでしょうか・・・?

それでは、どうぞ~♫






感傷的なワルツ(オドエフスキー)

[ 2016/06/04 21:09 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(4)