FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>ヴォランタリー ヘ長調(サミュエル・ウェスレー)

今週は火曜日に早々とシューイチの録音を済ませ、一昨日、昨日と、なぜかモーツァルトスイッチが入って、モツソナ(K570)をガッツリ練習していたタワシです。
が、いざ録音アップしようと思って聴き返していたら、大きなミスはないものの、表現面で「うーん・・・」というような演奏だったので、今朝になって録音しなおしました。
曲は イングランドの作曲家兼オルガニストで、あったサミュエル・ウェスレー(Samuel Wesley 1766 - 1837)の、「ヴォランタリー ヘ長調」です。
実はこの曲は「オルガンのための12の小品」という曲集の8番目の曲です。Air(アリアまたはエア) もしくはSlow Movement (緩徐楽章)というタイトルで呼ばれることもあるようです。

Wikipediaの「サミュエル‥ウェスレー」のページ
によれば私生活ではいろいろあったようですけれども、この清らかな美しい曲からは、彼の深い信仰や、(「イングランドのモーツァルト」とも呼ばれていたそうですが)大バッハへの敬愛が感じられると思います。(息子にもセバスチャンと名づけてますね)

今回、ピアノ音の中でもいつもとは違う音色に設定して弾いてます。
ミスタッチありますがご容赦ください。
それでは、どうぞ~♪






ヴォランタリー ヘ長調(サミュエル・ウェスレー)

[タグ未指定]
[ 2016/07/30 09:57 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。