FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

06 | 2016 / 07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





ずっとシューイチにアップしたいと思いつつ、なかなか出来ないでいる曲が、いくつもあります。
理由は簡単!ミスタッチがどうしてもなくならないこと。
いろんな人に言われるんです、
「タワシさんのミスタッチは、自分で思っているほど、聴いている人には気にならないよ」
「ミスタッチがあっても、音楽の流れを止めなければいいんじゃない?」
などと。
確かに、教会の奏楽(伴奏)を長年やってきたこともあって、多少のことでは止まらずに先に進むことはできるし、捏造もそこそこうまいと思うし(←それ、自慢するようなことじゃないでしょ(-_-;) それにそもそも、ノーミスで演奏することよりもっとずっと大事なことが音楽にはあるって百も承知ですけどね・・・
でもでも、やはり自分でどうしても許せないミスタッチも多いのです。録音だと、何度も繰り返して聴けるだけになおさら。
特に、あまり有名でない曲をここで取り上げるときは、その曲を知ってもらい、好きになってもらいたいという思いも少なからずあるので、そのためには「正しいかたち」でここに上げたい、と・・・。
さらにさらに、シューイチを始めた頃には目をつぶっていた、ミスタッチ以外の気になる点(フレージングとか、ダイナミクスとか、あるいは音の粒の不揃いとか、テンポの揺れとか、その他もろもろ)が、当時よりは確実に気になっています。ミスタッチではなく、こういうアーティキュレーションの面で録音アップに至らなかったことも、最近は多くなりました。

人前で弾く、というとすごくハードルが高いような気がしますが、実際のところ、録音をアップするのに比べたらずっと甘い基準で、選曲しています。
タワシの場合、コンクールとか教室の発表会とかには縁がなく、たいていは気心の知れた音楽仲間との弾き合い会なので、ミスタッチの多さももう周知の事実で、開き直って弾けるというのも大きいでしょうが・・・
こういう場では、モーツァルトやハイドンのソナタの1楽章なども、図太く(笑)弾きます。
生演奏では、たとえ多少失敗しても、音楽が流れている限り、聴き手の意識はミスした音にとどまらないんだということを、実感を持って信じることができるんです。

シューイチなどの録音をアップするハードルが高くなっていることは、自分自身の演奏を聴く耳が育った証拠かもしれません。
ただ演奏技術も、それにともなって進歩すればいいのですが、独学な上、やりたいことしかやらないという自由気ままな練習ぶりですから、こちらはほとんど同じレベルに止まったままです。
そうすると、より(技術的に)簡単で短い曲に選曲が傾いてしまうかなあという懸念が・・・ そして実際そうなっているように感じます。
成長のためにも、身の丈よりちょっと上(難しめ)でボリュームもある曲もやったほうがいいですよね。
こっそり練習するという手もありますが、せっかく作ったゴミ箱(DustBox)をこんな時こそ活用して、ありのままの現状を積極的に記録してみようかとも思っています。聴く人にとっては騒音レベルであっても・・・。(「閲覧注意」ならぬ、「試聴注意」のフラグを立てておいたほうがいいかも~汗)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


 +