fc2ブログ
ようこそ!タワシワールドへ♪
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール ×

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新コメント ×

カテゴリ ×

月別アーカイブ ×

<今週の録音>テンポ・ディ・メヌエット(フンメル)
【2016/09/10 18:36】 今週の録音
今週のシューイチは、またまた舞曲です。舞曲率、いったいどれくらいなんだろう?(笑)
ただ作曲家に関して言えば、これがシューイチ初登場になります。
ハンガリーに生まれオーストリアで活躍したピアニスト・作曲家、ヨハン・ネポムク・フンメル(Johan Nepomuk Hummel, 1778 - 1837) 存命中は作曲と演奏の双方で最高級の評価を得ていた人物です。

ソナチネアルバム2には付録の1曲として彼のロンドが収録されています。可愛らしく愉しい、なかなかに魅力的な曲です。
ソナチネアルバムには作品番号は記載されていないので調査してみました。
その結果 Six Pieces Faciles(6つの易しい小品)Op52 の、最後の曲(第6曲)ということが判明。
そして、同じ曲集の第3曲が、今回弾いたメヌエットです。

例によって例のごとく、練習不足で、ミスタッチや音抜けがあります。駆け足でアップしたので、気がついていない譜読みの間違いもあるかも。
でも舞曲ならではの拍感を楽しみながら演奏できたので、それに関しては及第点かな?(←自分に甘い?)

それでは、どうぞ~♪






テンポ・ディ・メヌエット(フンメル)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

今日の練習メニュー  ×
<2月27日> ♪ソナチネイ短調 第1楽章(名倉晰)♪ソナチネハ長調 第2楽章(同) ♪高原の朝(奥村一) ♪おすまし(矢代秋雄)♪むかしばなし(同) ♪小さな花(シドニー・ベシェ) ♪テンダリー(ジャック・ローレンス)

にほんブログ村 ×

人気ブログランキング ×

FC2ブログランキング ×

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事 ×

リンク ×

(ページビュー)アクセスランキング ×

X(旧 TWITTER) ×

メールフォーム ×

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる