FC2ブログ





<今週の録音>テンポ・ディ・メヌエット(フンメル) 

今週のシューイチは、またまた舞曲です。舞曲率、いったいどれくらいなんだろう?(笑)
ただ作曲家に関して言えば、これがシューイチ初登場になります。
ハンガリーに生まれオーストリアで活躍したピアニスト・作曲家、ヨハン・ネポムク・フンメル(Johan Nepomuk Hummel, 1778 - 1837) 存命中は作曲と演奏の双方で最高級の評価を得ていた人物です。

ソナチネアルバム2には付録の1曲として彼のロンドが収録されています。可愛らしく愉しい、なかなかに魅力的な曲です。
ソナチネアルバムには作品番号は記載されていないので調査してみました。
その結果 Six Pieces Faciles(6つの易しい小品)Op52 の、最後の曲(第6曲)ということが判明。
そして、同じ曲集の第3曲が、今回弾いたメヌエットです。

例によって例のごとく、練習不足で、ミスタッチや音抜けがあります。駆け足でアップしたので、気がついていない譜読みの間違いもあるかも。
でも舞曲ならではの拍感を楽しみながら演奏できたので、それに関しては及第点かな?(←自分に甘い?)

それでは、どうぞ~♪






テンポ・ディ・メヌエット(フンメル)
[ 2016/09/10 18:36 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(10)