FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
発表会の「みんなのソナチネコーナー」の選曲のため、ソナチネアルバムの第2巻をチェックする機会がありました。
結局ソナチネアルバム1はもちろん、2にも載っていないフンメルのソナチネを弾くことにしたのですが、付録も含めてソナチネ2巻の曲をあれこれ弾いてみるのは楽しい時間でした。

今日のシューイチは、そんな、ソナチネ2巻収録曲の中から、メンデルスゾーンの無言歌 Op.30-3「なぐさめ」を弾いてみました。
「なぐさめ」というサブタイトルは作曲者自身がつけたものではないのですが、のちに、
讃美歌21第211番/讃美歌30番 あさかぜしずかにふきて/聖歌100番 しずかに神と
としても歌われるようになるだけあって、「主イエス・キリストにある(=信仰的な)なぐさめ」を連想させるにふさわしい、清らかな美しい曲です。

今、試練の中にある、大事な友達のことを思いながら、弾きました。
今朝になって曲をようやく決めて、(仕事を挟んで)朝と夜の集中練習でアップにこぎつけたので、当然完成度は低いですが、そんな思いの何分の1でもいいから、そのひとのこころに届くといいなと願っています。
もちろんこのブログを訪問してくださる皆さんのこころにも、です❤

それでは、どうぞ~♪






無言歌 Op.30-3「なぐさめ」(メンデルスゾーン)